偽りの父親

 篤英たちは、峰継や慶充が上手く止めているらしい。香菜実と佐奈井を追いかけてくることはない。何度も刃を交え、甲高い金属音が響いたが、いつしかそれも聞こえなくなった。

 ただ香菜実が心配しているのが、戦いに至ってしまって、峰継や慶充が傷つかないかということだ。

 ――そして、佐奈井のことも。

 香菜実は走りながら、佐奈井の手を握っていた。

 その手が、こわばっている。離れないようにか、強く握っているのだが、余分なまでに力が入っていた。

 佐奈井は、怖かったはずだ。

 突如として刀を向けられて、殺されかけたから。この間、賊に襲われた時のように。

 走っているうちに、香菜実は佐奈井の足取りがおぼつかないことに気づいた。遅れ始めている。

「止まろう。もう追いかけてきていない」

 香菜実が声をかける。佐奈井は足を止めると、両膝に手をついた。はあはあと苦しそうに息を吐いている。

 佐奈井も佐奈井で、息が苦しかった。

「ごめん、私の父上が」

 香菜実は声を絞り出した。

 恥ずべき父親。佐奈井の父親の峰継とは大違いだ。子どもで、武器を持たない佐奈井にすら刀で切りかかった。

 だが佐奈井は、色白な顔で笑ってみせた。

「何で香菜実が謝るんだよ」

「だって」

「あいつらは父さんと慶充が食い止めてくれている。俺らはさっさとどこかに隠れれば、それでいいんだよ。……歩こう」

 佐奈井は再び歩き始める。香菜実もその隣を歩いた。

「香菜実のほうも、大丈夫なのか?」

 佐奈井は前を向いたまま尋ねてくる。

「何が?」

「せっかくまた会ったのに、あんな風に引き離して」

 峰継を父親に持つ佐奈井だから、こんな言葉を吐けるのだろう。

「いいよ。襲ってきたのは父上だし」

「それでも父さんだろう、なのに」

「だからって、引き返すこともできない」

 今、篤英の元に向かったら、佐奈井は確実に殺される。

 怯えながらも心配してくる佐奈井を見ていると、自分がみじめに思えてくる。

 きっと佐奈井の父親の峰継が普通なのだろう。

 一乗谷にいる時から思っていた。村への放火を命じたと思えば、慶充にだけ暴力をふるう。黙って慶充が殴られる音を聞きながら、父が異常だと思っていた。一乗谷にいられなくなって、峰継や佐奈井と一緒にいる時のほうが、むしろ落ち着けた。血の繋がった家族ではないのに。

「園枝さんのところに行こう? 匿ってくれる」

 佐奈井は、とたんに足を止めた。

「どうしたの?」

 まるで園枝のところに行きたくないとでも思っているみたいだ。

「……あそこには、行きたくない」

 佐奈井がなぜそんなことを言うのか、香菜実はまったく考えなかった。

「そんなこと言っている場合じゃない。早く」

 香菜実はそう、無理やり佐奈井の手を引っ張っていく。

 二人は頼孝の家の前に着いた。

 息を切らしたまま、二人はかつて居候した家へと歩み寄っていく。どう説明しようか、と香菜実は一瞬だけ考えるが、やめた。外でぐずぐずしていたら、篤英に見つかるかもしれない。

 ためらうことなく、香菜実は戸を叩いた。

 すぐ園枝が出てくる。

「あんたら、いきなりどうしたの?」

 園枝は、しかしすぐに口をつぐんだ。佐奈井は、背後を振り返り、いまだ怯えた様子でいる。つないでいる手が震えていた。

 ――たぶん私も同じだろうけど。

 香菜実の手も、汗でぐしょぐしょになっている。

「とにかく入って。話は中で聞く」

 二人は言われるまま、中に入った。

 戸が閉じられる。

「とにかく上がってちょうだい。温かいものを出すから。飲んだら落ち着くはず」

 まるで母上みたいだ。香菜実はおぼろげな記憶の中の母親と、園枝を重ね合わせていた。

 香菜実と佐奈井はせかされるまま、土間から上がった。思ったとおり、頼孝や理世がいた。二人は、何か深刻なことでも話していたのかもしれない。佐奈井と香菜実を見ても無表情だ。

 理世は会うと、すぐに笑顔を返すはずなのに。

「何があったの?」

 理世が尋ねてくる。

「父上が来たの」

 香菜実は答える。血が繋がっているはずなのに、そばにいて心落ち着くことのできない、信の置けない父親に。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます