ep26.5 Officer six





「どうして監視の任を離れたのだ、エージェント2。言い訳があるなら聞こうじゃないか」


「部屋が突然植物で埋め尽くされ、あのままあそこにいれば、植物の贄になるところだったのです!」


「貴様のような出来損ないは、贄にでも何でもなればいいさ」


「勝手な判断で、監視を解いた罪は重いぞ、エージェント2」


「現にプレイヤーがあの部屋へ辿り着き、2体目も解き放ってしまった」


「そ、そんな……。大変申し訳ございませんでしたッ! どんな罰でもお受けいたしますッ!」


「罰などいつでも与えてやろう。しかし、罰を受ける前に、貴様にはやるべきことがあるのではないのか?」


「っは! 直ちに2体目、及び、1体目の収容と監視を遂行致します!」


「分かればよいのだ。では、いけ」


「っは!」











「でも、ほんとはそうなるように仕向けたんでしょう? エージェント達も大変だねぇ」


「ふふ、まぁな。しかし、エージェント1は実にあっけなかった。自爆を選んだところは評価するが」


「そもそも今回のプレイヤーは一味違う。1体目の覚醒を、ここまで早期で成し遂げた者はいなかっただろう。エージェント1があっさりやられてしまったのも納得がいく」


「……」


「あまり彼らをなめていると、痛い目を見ますよ」


「数百年平和を保ってきたのだ。それが今更覆ることなどあるまいよ」


「だと、いいんだけどねぇ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます