26話 なまえ は ぴの


「すみません、あの、驚かせてしまって……」


 頬を赤らめながら、手のひらに乗っている緑の人形はそう話した。

 N2のこともあり、サプライズには相当慣れたと思っていたが、これには思わず言葉を失う。

 倦怠感が体を襲い、人形を手のひらに乗せたまま、蔓の柱を背にして座り込んだ。



「あぁ、すみません! 助けて下さった上に、貴重なマナまで分けて頂いて……」



 人形は再度謝り、どこか聞き覚えのあるような事を口にした。

 マナなんとかってのを、以前脳内アナウンスが話していたような気がするが、それと関連性が?

 というか、この人形言葉が流暢過ぎないか?

 敬語まで使いこなしてるぞ。



「色々聞きたいことがあるんだが、君は記憶があるのか?」


「完全に、というわけではありませんが、多少は覚えています。言語機能やパーツ生成機能などは、コアにバックアップを取ってあったのですが、何故ここにいるのかや、あなた様方がどなたなのかも、申し訳ありませんが覚えていません」



 言語機能、か。

 それでここまで流暢に話せるのか。

 N2にも少し分けてやってほしい。



「俺が君と会ったのは、これが初めてだよ。だから謝らなくていい」


「そうでしたか。お気遣いありがとうございます」



 そういうと、人形は丁寧にお辞儀をした。

 どうやら名前も忘れているらしい。

 さて、なんと呼ぼうか。

 N2の場合、コア部分にIDのようなものがあったんだが……。


 手のひらに人形を乗せたまま、あらゆる角度で覗き込む。

 身長はN2とほぼ同じか。

 4等身で、材質は同じ金属だが、頭部には目の窪みがあり、窪みの周りは優しく発光している。

 左胸の部分には、葉っぱのロゴのようなものがある。

 それ以外に文字のようなものは見当たらない。



「あ、あの……、何をしてらっしゃるのでしょうか……」



 不審に思ったのか、恥じらう人形にそう聞かれた。

 まじまじと眺めすぎたか。


「いや、悪い。名前、何て呼ぼうかなって。どっかにIDみたいなもんがあるかなと思ってさ」


「そうでしたか。IDとは違いますが、コードは『P-N020』です。ご参考になればよいのですが……」


「P…のN…か。ピノってのはどうだ?」


「ピノ……! 嬉しい、素敵です。是非、ピノとお呼びください」



 薄緑色の小さな人形を、ピノと呼ぶことにした。

 少し可愛げがありすぎる気もするが、気に入ってくれたようなので良しとしよう。



「俺はレイ。こっちは相棒のN2」


「レイ様に、N2ですね。かしこまりました。よろしくお願いします」


 どうも、アイボウです、とN2。

 N2に対しては何故か呼び捨てだが、様付けはちょっとはずいな。

 もっとラフな呼び方でいいよと言ってはみたが、助けてくださった方への感謝の気持ちですと、断られてしまった。

 N2が、代わりに私に様付けをしてもいいよ、と言うが、ピノに見事な愛想笑いをかまされていた。

 どんまい、N2。


 お互いに記憶はないみたいだし、こういった知能をもつロボット同士は、相手のことをどう感じるのだろうか。

 まぁ、喧嘩さえしなきゃそれでいいが。


 宇宙船へ帰る途中、ピノに今の状況を話した。

 

 宇宙船が壊れて、遭難していること。

 N2と会って、それから黒い生命体と戦ったこと。

 雨が降って、荒れた土地に植物が生えたこと。

 探索中にピノを見付けたこと。



「ピノにもお手伝いさせてください。きっとお役に立てると思います」


 事情を話すと、ピノは脱出の手伝いを快く引き受けてくれた。

 高度なロボットは、全員義理堅いのか?


 少し賑やかになった宇宙船で、今回の探索、主に植物のドーム及び、地下の部屋についての疑問を話し合う。



「まず、俺達を呼び込むようにして作られた植物ドームについてだが……」


 そう切り出すと、

「あ、あれは、ピノが呼びかけたんです。ピノは、植物達と仲良く出来ます」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます