異星の箱庭

25話 にんぎょう と しょくぶつ

 しばらく歩き、N2が見付けた植物の密集地に辿り着いた。

 密集した植物達は、互いに絡み合い、ドーム型のオブジェを作り出している。

 ドームの一番高い部分で、俺の身長と同じくらい。

 直径は、N2の予見通り10メートルくらいか。


 他の植物と比べると、明らかに異質。

 自然に育って、こうもうまく絡み合うものなのだろうか。


 N2は不用心にドームに触れるが、これといって反応はない。


「他の場所に生えている植物は、実をつけるものが多いのに対し、この塊になった植物は、アイビーやワイヤープランツといった、丈夫で生命力の高いものばかりだ。やっぱり何かあるよ、この植物達」


 細かい植物の分類は俺にはよくわからないが、確かに他とは違うような気はしていた。

 不思議に思いながらも、ドームを一周してみる。

 すると、側面に一か所だけ、アーチ状に形成された部分があるのを見付けた。

 アーチの枠組みは、他の箇所よりも太い枝が絡まって形成されている。

 しかし、枠組みされているだけで、内側は植物でいっぱいだ。



「N2、これなんだと思う?」


「んー、ここだけネムリグサという植物で埋められてるけど……。図鑑に載っていたネムリグサ、別名オジギソウは、刺激を与えると葉の収縮を行うらしい。しかし、このように私が触ってもなにも変化がないし……」



 N2はアーチ内の植物に触れながら、分からないというのを暗に伝えてきた。



「オジギソウかー……」


 N2に釣られてアーチ内の植物に触れた瞬間、触れた部分から、わさわさと葉が閉じだした。

 驚いて半歩下がる。

 閉じ始めた葉は連鎖し、次々と収縮していく。

 閉じた葉はアーチ内部に窪みを作り、やがてドームの内部へと続く道が生成された。


 思わずN2と顔を見合わせる。


「これ、中に入れってことだよな」


「レイにだけ反応したところをみると、そうかもしれないね。行ってみよう。大丈夫、何があっても私が守るよ」


 よろしく頼む、とN2に伝え、恐る恐るドーム内部へと入っていく。


 ドーム内の道は曲がりくねっていて、ある程度進むと地下へと続いていた。

 先行してくれるN2に続き、どんどん進んでいく。

 地下へと続く穴の内壁には、植物が蔓を伸ばしている。

 地上の光が見えなくなった頃、N2が発する光とは別のぼんやりした光が見えてきた。


 ヒカリゴケだ。

 地上にあったものとは別の種類だと思うが、優しい光を放っている。

 N2が触れると、少し光を失い、徐々に光を取り戻していく。


 地下へと続く道は少し急だが、危険を感じさせないような、柔らかな雰囲気に包まれていた。


 しばらく進むと、開けた空間に出た。

 地上からどのくらいの深さなのかは定かでないが、ここにはどこからか光が差し込み、内部はぼんやりと視認できた。

 前回探索した時に見付けた通路に近い雰囲気を感じるが、内壁が植物で覆われているせいで、違う場所のようにも感じる。



「レイ、見てこれ」


 N2が呼ぶ先にあったのは、壁の隙間から這い出るように伸びた、腕くらいの太さの蔓。

 何かを求めるように伸びるそれは、少し不気味でもあった。

 隙間を覗くと、中は植物に覆われた小さな部屋になっているようだ。

 それよりもまず、目に一番に飛び込んできたのは、部屋の中心にある、床から天井にかけて伸びる蔓の集合体。

 その中心に何かが緑色に淡く光っている。


 幸い壁の隙間は広く、体を押し込めば、何とか中に入っていけそうだ。

 N2が先行し、安全確認も問題なし。

 いざ、部屋の中へ。



 緑色に淡く光る物体は、蔓に巻き付かれて全体がよく見えない。

 N2の解析なら何か分かるかもしれない。

 けど、蔓を退かさないと、外せそうにないな。


「よし、ここは私が」

 とN2が右腕を変形させて構えるが、慌ててそれを制止する。


 鉈とかがあれば蔓を切り落として、この物体を回収できたかもしれないが、それはないものねだりだ。

 不本意ではあるが、引っ張り出すことを試みる。


 足元の蔓に少し足をかけ、物体に手を伸ばす。

 触れた直後、体からふっと力が抜けた。

 足の踏ん張りがきかず、尻もちをつく。

 と同時に、物体がひときわ強く輝き始めた。


 美しく輝く液体が物体から溢れ、植物が成長するかの如く、蔓状と化した液体が物体を取り巻いた。

 やがてそれは胴体を形成し、頭、腕、足と順に生成されていく。


 目の前の光景とは裏腹に、頭の中は妙に冷静だった。

 この感じ、N2に初めて触れたときと同じだ。

 けど、あそこまで体は怠くない。


 生成をひとしきり終えた後、蔓に絡まっていたのはN2と同等の大きさの、薄緑色の人形だった。

 胴体に絡みついた蔓が落下を拒み、それに対し人形は、両手足をバタバタ動かしもがいている。



「あーはいはい、今取ってやるから落ち着けって」



 体を起こし、人形を蔓から外す。

 そして、人形を手のひらへと迎え入れると、人形は手のひらの上で膝と手を着いてお辞儀をした。



「か、かわいい……」



 N2が、むー! といって謎の対抗意識を燃やしていた。

 俺の言葉に反応してか、人形は頬を赤く染めた。


「赤くなった」


 と、N2。


「言葉が分かるのか?」


人形にそう問いかけると、人形は恥ずかしがりながら顔をあげ、


「あ……はい、です……」


 と、申し訳なさそうに、弱々しくそう答えた。



 柔らかく、優しく語りかけるような女の子の声。

 N2に最初あったときみたいに、言葉が通じないものだと思っていた。

 唐突にかわいいと言ってしまった自分を恥じ、顔が熱くなる。

 姿と仕草だけでなく、声まで可愛いとは……。



「レイも赤くなった」



 N2の追い打ちで、より一層顔が熱くなるのを感じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます