7,5話




あぁ、またか…。


あいつはいったい何の目的で私を攻撃するのだろうか…。


コアの部分以外を全て破壊されたのはこれで幾度めか、数えても虚しくなるだけなのであまり考えないようにしている…。


その度に甦る私もまた、どんな目的があったのだろうな…。


度重なる破壊と蹂躙でそんなものがあったのかさえ闇の中だ…。


再生しても必要最低限のエネルギーしか確保されず、何か使えるものはないかと探す日々…。


教えてくれドクター、私はいったい何のために…。


ん、ドクター…?ドクターとは、何のことだったかな…。


あー、ダメだ、そんなことを考えているといつもあいつが来るんだ。


振り返るとそこには…って、誰だい君は?


いつからそこに…いや、この場所に…?


まぁいいさ、そんなところにいないで手伝っておくれよ。


さきほど見つけた地面に埋まったこの光る物体が、もしかしたら私の探しているものなのかもしれないんだ。


そうだ…いいぞ…、ふふ、よくやった!


見せてくれ、それはきっと君には役に立つまい。


……。


これもダメか…。


今度こそはと思ったのだがな。


仕方ない…他をあたろう…。




ッ……!!


あぁ…またか…。


また私は壊されるのか…。


もう憎しみすら感じないさ、好きにするといい。


だが、君はどうか逃げてくれ…!


取り越し苦労だったが、君には一時助けられた。


どうか私と同じ運命だけは辿らないでおくれ…。




待て……よすんだ……何をしている…!


私は大丈夫だ、何度でも甦るさ、心配はいらない。


だから、早く逃げてくれ…。




……?


あぁ…そうだったのか…君だったのか。


ふふ、なるほどな…。


任せておけッ!

これだけのエネルギーを受けとれば、あんなやつイチコロさ!

エネルギー効率は著しく悪いが、やつを破壊する程度ならこのパーツでも問題はないだろう。



ふふん、どうだいこの通りっ。

ってアレ…どうしたんだ君?


あぁ、良かった…。

少し眠っているだけか…。






ずいぶんと長い時間をかけてしまったが、これで私の目的ははっきりしたよ。


この先、君の…あなたの望むままに従おう。


私の全霊を…私の全てをかけて…。



そうだろう…?ドクター。









………







「N2ー、そろそろ行くぞー。」


「あぁ…、今行くよ」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます