第2話 残夢揺籃

00

 こんにちは。

 こんにちは。


 夏の匂いと、鳥の声。

 薬の匂いと甘い匂い。

 青い空と、白い部屋。

 私は今日もユメを見る。


 何度も。

 何度も。

 ユメを見る。

 

 それはとても楽しくて。

 いつまでも続いていく。


「そろそろ時間だから帰らなきゃ」


 私のとなりで、だれかがいった。


 いやよ。

 いやよ。


「まだまだ一緒に遊びましょう?」


 私がそう言うと、みんなも歌い出す。


 夏の匂いと、歌い声。

 薬の匂いと甘い匂い。

 あかい空と、白い部屋。

 緑の原っぱと大きな木の下。


 おいでよおいで。

 おいでよおいで。

 そしたらさようなら。

 そしてこんにちは。


 星の光と月明かりの丘の上。

 みんなで火を囲んで手をつなぎましょう。

 そしたら一緒に踊りましょう。

 ぐるぐる回って。

 ぐるぐる笑って。

 ぐるぐる歌う。

 回り廻る夢の揺り籠。


 もう絶対に帰さない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます