ワレモコウの咲き出す頃に

作者 鈴木 千明

すべてのエピソードへの応援コメント

  • ある夏の日へのコメント

    決まりきった生活というのは、安定しているから安心感があるんですよね。
    でも、それをいい意味で壊す何かに出会うと、安心よりも先の素敵な人や物に出会えるんですよね^ ^

    作者からの返信

    柊 さま、コメントありがとうございます!

    どちらにも良さがありますから、悩んでしまいますよね・・・

    2019年3月24日 01:40

  • ある夏の日へのコメント

    鈴木千明様

    主人公が出会った少年のお蔭で「冒険」を始めることに感動しました。

    作者からの返信

    月葉さま、コメントありがとうございます!

    確かに、主人公にとっては「冒険」ですね。

    2019年3月24日 01:12

  • ある夏の日へのコメント

    自転車で九州一周した友人のことを思い出しました。
    規則正しい日々もいいですが、たまにはそこから飛び出したら新しい発見があるかもしれませんね。普段は無理ですが、今度のゴールデンウィークの時でも何かやってみようかな?(^^)/

    作者からの返信

    無月兄 さま、コメントありがとうございます!

    何かの発見に繋がると良いですね!

    2019年3月21日 07:28

  • ある夏の日へのコメント

    私も決まりきった生活をしていて、変えようともあまり思わなくなりましたね(>_<)
    たまには旅行とか行きたいな……

    前を向こうと思える素敵なお話でした!

    作者からの返信

    濡瑠マユ さま、コメントありがとうございます!

    ちょっとしたことでも、良い刺激になることもありますよね。

    2019年3月20日 14:28

  • ある夏の日へのコメント

    良いお話でした! わたしも規則正しい生活から、変えてみようかな

    作者からの返信

    坂井 さま、コメントありがとうございます!

    規則正しい生活も大切ですが、たまの冒険も楽しいかもしれませんね。

    2019年3月20日 14:26

  • ある夏の日へのコメント

    鈴木千明さま、とても味わい深い物語ですね。アクティブな大学生と出会い、そして生活がほんの少しだけ変化する。この描写が素晴らしいと思いました!

    作者からの返信

    レド さま、コメントありがとうございます!

    小さくとも、変化は視点を変えさせてくれるものだと思います。

    2019年3月20日 14:25

  • ある夏の日へのコメント

    深いわぁ~(*´д`*)あぁ~深いっ!
    最後の怒濤のオチもたまりませんっ!(*´∀`*)
    私はこんなじーんとできるようなお話は作れませんっ!(/ω\*)代わりにキュンで勝負や!

    作者からの返信

    Tsuyama さま、コメントありがとうございます!

    キュンしに行かせていただきます(笑)

    2019年3月18日 23:54

  • ある夏の日へのコメント

    決まった生活を迷いなく送っている主人公になんとなく好感を覚えました。
    そういうのも悪くないですよね。毎日ハプニング、アドベンチャーな生活だと身が持たない。
    僕も家族に一日中キーボード叩いてないで外に行けやら身体動かせやら言われるので親近感を覚えました。



    ちなみにちょっとお節介。
    停学というのは学校が下す罰なので、自主的に休んでいる場合は休学になると思います。

    作者からの返信

    蒲生さま、コメントありがとうございます!
    自分もどちらかというと主人公よりなので、青年に憧れる反面、” まぁやらないよね ” と思ってしまいます(笑)

    訂正ありがとうございます。なんか違うと思ったら・・・直しておきます。

    2019年3月18日 23:48