第39話 水の精霊

「リヴァイアサン!? なんて恐ろしいんだ!?」

「リヴァイアサンじゃないわよ! 悪魔の海竜レヴィアタンよ!」

「そんなことはどっちでもいい!」

 水球の中で水の剣騎士のウスイと、水の精霊ウンディーネがリヴァイアサンの大津波の威力に恐怖を感じていた。

「なんとかして、師匠たちを助けなければ! そのためには、この水球から出なければ!? ウンディーネ! 私に力を貸してくれ!」

「お安い御用だ! 私の水の力を、ウスイ、あなたに授けます。どうか、天子様たちと人魚を守ってください!」

 ウスイとウンディーネは水の力を一つに合わせる。

「平和を守るため! 生きとし生ける者の命を守るために! 人に水を! 私に力を! 水の精霊ウンディーネの剣騎士の鎧よ!」

 ウスイに水の精霊ウンディーネの水が覆っていく。そして水は剣騎士の鎧になり、ウスイに装着されていく。


「お、まだこいつら息がありやがる。とどめは俺様がさしてやるぜ。」

 半魚人の悪魔剣騎士ダゴンがマーメイドたちにとどめをさそうとする。

「そこまでだ! 半魚人!」

「誰だ!? 人のことを半魚人と失礼にも呼び捨てにする奴は!?」

「私は、水の精霊ウンディーネの剣騎士だ!」

 水の精霊ウンディーネの剣騎士となったウスイが、半魚人の前に立ち塞がる。

「水の精霊ウンディーネの剣騎士だと!? レヴィアタン様のビック・ウェーブを食らっても生き残っていたのがいたのか!? まあ、いい。この半魚人のダゴン様が殺してくれるわ!」

「こい! 私の水の剣気が、どれだけ上昇したか試してやる!」

「なめるな! 若僧! 死ね! ハーフ・フィッシュ・ソード・スラッシュ!」

「感じる!? 感じるぞ! 私の剣騎士の鎧から水の妖精ウンディーネの力を! うおおおおおー!」

 ダゴンが必殺技を放ち、ウスイを狙う。それに対抗するために、ウスイは自分の水の剣気を高めていく。

「くらえ! ウンディーネ・ソード・スラッシュ!」

「うわあああー!?」

 ウスイの必殺技が、ダゴンの必殺技を切り裂き、そのままダゴンに命中する。

「レヴィアタン様!? お助けを!? ギャアアアアアー!?」

「これが水の妖精の剣騎士の鎧の力か!? 水の剣騎士の鎧の何倍もの威力だ!?」

 ウスイは、半魚人の悪魔剣騎士ダゴンを倒した。

「師匠。敵は取りました。」

「勝手に殺すな。バカ弟子。」

「師匠!? 生きてたんですか!?」

「当たり前だ! 簡単に死んでたまるか!」

「我々は水の属性だから、大津波を食らっても、気絶はしても、致命傷にはならなかったのだろう。」

「私も海の天使。波が大きくても中に入ってしまえば、穏やかななのは知っているからな。」

 マーメイド師匠、天使のサキエルとクリオネも無事だった。

「師匠。私は、このウンディーネの剣騎士の鎧を使いこなせるように修行します。そして、いつか海竜リヴァイアサンの剣騎士の鎧、さらには海王ポセイドーンの剣騎士の鎧を身にまとってみせます。」

「その意気だ。ウスイ。おまえが諦めない限り、夢は続いていくのだ。」

「姫、救世主様、みんな。私も強くなったぞ。みんなに会えるのが楽しみだ。」

 水の剣騎士から水の精霊ウンディーネの剣騎士にウスイは強く生まれ変わった。

 つづく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー