第2話

六月十八日(金)

──アンタが話を聞きたいって奴かい?ハッ、こんなとこまで来るなんて、随分と暇みてぇだな。俺か?俺ァ暇よ。当然だろ、こんなとこにいるんだからさ。ふん、まあいいさ。聞きてぇのは十六夜堂……だったか?つっても俺も行ったのは割と昔で詳しいことは覚えてねぇよ?

それでもいい、ってか。ますます物好きじゃねぇか。

………場所は、○○県の盆地だったかな?仕事で行ったんだよ。あん時はまだ堅気だったがな。

見た目は潰れかけのボロ商店さ。薄暗かったが、なんとなくフラーッと寄っちまったのさ。

店員?いねえいねえ、店主しかいなかったさ。すっげえ別嬪さんだったな。顔は覚えちゃいねぇがそれだけは覚えてる。

買ったのはそいつさ。目の前においてあんだろ?そうだ、本さ。この本は面白ぇぞ?なんたって、読む度に中身がいちいち変わるのさ。信じられねぇだろうがホントなのさ。中身、見るかい?今日はナァ……、おっ、《笑い話》だぜ。朗読してやろうか?ハハ、何度も読めば覚えるさ。さて……。

《笑いが爆ぜた》  《そこには笑いがあった》

   《笑え、笑え、笑え!》 《笑わずにいられるものか》

《ああ、恐ろしい》《されど笑わねばならぬ》

      《笑うのだ!》

《道を笑え、己を笑え、しかる後に笑え》

 《燃えるように笑え、冷めるように笑え》  

    《笑わねばならぬのだ!》


《笑え笑え笑え笑え笑え!!》

   《人の目はなし口もなし》

 《今笑わずにいつ笑う!》

《笑えや笑え、高らかに》

《喉を裂け、血を吐け、そして高らかに笑え》《人よ、笑わねばならぬのだ》《それがお前の宿命なのだ》《汝は笑え》ヒヒッ。《笑え》ハハハッ。《笑え》フフフッ。《笑え笑え笑え笑え笑え笑え笑え笑え笑え──……》ヒヒッ、ハハハッ、フハハハハハッ、アハハハハハハハハッ、ハーッはっハッハッハッはっは。ハーッはっハッハッハッはっは。フハハはははアハハはははアハハハハハハハハッははは────────────。

………………………(ドサッ)(バタバタ)…………。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます