勇者に妻を寝取られたドラゴン召喚士〜元最強は復讐を誓う~

作者 LA軍@『拝啓、天国の姉さん…』発売中!

1,620

616人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

いろいろ設定を細かく変えて試しているのか、ざまぁ系というか、NTR→復讐系。

正直、『小説』ではなく、『ラノベ』。
地の文が地の文足りえず、状況描写・心情描写がアンバランス。
なので、よくわからないままに展開が進むというか、暴走している。(ただし、話の流れは遅い)

また、敵キャラの背景とか心情などがあまりに薄い。
ドイツ軍などという未知の存在に理解が出来ないのはまだわかるが、状況がどうなっても『所詮主人公は雑魚、捻りつぶせる』というスタンスを崩さずにただ口悪く主人公を罵倒し、嘲ったままただ死ぬ。
復讐→ざまぁのためのテンプレ悪役なのだが、あまりに人間味が薄い(情がないとかではなく、ただ同じような事を言うだけのNPCのよう)のが残念。


ただ評価すべきは、胸糞展開をうまく表現すること、そして主人公の怒りの勢い・激情のままに描いていること。

なので、状況や展開を想像して読みたい人には不向きかもしれない。
ただドイツ軍への愛や、作者の勢いは凄い。
好き嫌いが分かれるだろうが、私は好きです。

★★★ Excellent!!!

ある方から作者さんの話を聞いて読みにきました。
この作品から感じるのは、主人公ナセルの憎しみと彼を貶めた者のクズっぷり、そして作者のドイツ軍への愛、愛、愛ッ!!!マイナー兵器もメジャー兵器も何でもござれ!!!
ドイツ軍好き必見!!サイッコウにハイでカッコいい(個人の感想です)主人公がクズ共を文字通り粉々に、文字通り吹き飛ばし、文字通り蹂躙する、異世界血みどろ快感ファンタジーとなっております!!!
こんな興奮する作品は久しぶりです!!!

一言紹介が昔の新聞っぽくなってるのは気にしたらダメ。

★★★ Excellent!!!

某RPGのごとく復活をとげる勇者ですが、ナセルさんこれは経験値稼ぎ放題では?
と思ったがこのもの語りの世界感をRPGがバックグラウンドになっていると仮定すればいずれゲームのデバッカーとも闘うことにもなるのだろうか?
読者視点では思い付かない展開を今後も期待。