泡沫のルール

作者 PURIN

56

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

人魚のいる世界のルールのお話です。

フィクションだからこそ描けるもの。伝わるもの。

ひとりひとりが、ほんの少しずつでも心がけたなら、こんなやさしい現実をつくっていくことができるかもしれない。つくっていきたい。

短いお話のなかにこめられたメッセージが、深く心に染み渡ります。

★★★ Excellent!!!

人魚や魚は人間よりも下だから同じ場所にいてはいけない。
アパルトヘイトを連想させるルールに対して小さな人魚が意義を唱えるお話です。

悲しいかな、法というものは誰かのエゴが含まれたもので必ずしも平等とは限らないものです。日本だってもう他人事ではないのでは?
タイトルの泡沫という単語、そして締め方に作者さまの想いが感じられて良かったです。短いながらも大人の心に刺さる御伽噺。
そういったものが好きであれば、是非!