第四話 忙しない朝

「あはは、そりゃまじで大爆笑だね!」

 話を聞き終えると、学はとても大きな笑い声をあげた。それで、教室内の視線が少しこちらを向く。


 朝のホームルームが始まる十分ほど前。今日は遅刻せずに済んだ。いつも通りの時間に学校について、こうして友人たちと談笑しているわけである。

 この時間にもなれば、かなりの生徒が登校してきていた。あともう少しすれば、遅刻間際の最終ラッシュが始まるだろう。……昨日は、俺もそのグループだったわけで。

 とにかく、教室は朝の喧騒に包まれているわけである。それに与しないものは、机に突っ伏したり、課題に追われたりと様々だった。


 ったく、どいつもこいつも笑いやがって。例のホラー女について話したら、まり姉のやつまで笑ってた。

『でもさぁ、もったいないことしたよね。だって、あんたのこと好きだなんて言ってくれる女(ひと)、この先、現れないかもよ。だから、占いは当たってたのよ、結局』

 とは、占い大好き空手家ガールの弁。

 全く酷い物言いだ。あんな、猟奇的な運命の出会いなんて、あってたまるか。


「笑い事じゃねえよ、全く」

 未だ笑いの収まらない友人を俺は一睨みする。

「ずっと昔から恋人同士、だぞ? 今時殺し文句にもならないさ」

「でもすっごい美人だったんだよね? いいなぁ~、ヤンデレって言うのさ、そういうの」

「メンヘラの間違いだ、メンヘラストーカー!」

「いいや、絶対にヤンデレだね。愛が重いっていうのも、アリだね」

 学は平然と自分の性癖を語っている。もっともらしい表情で何度も頷いていた。


 そういうところが、スポーツができるわりに、モテない理由なんだが。そのあほらしい――はっきりと言えば変態チックな言動は男子には人気だが。


「でもさ、もしかしたら本当にそうかもしれないぞ?」

「いきなりなんだよ、剛。今まで黙ってたかと思えば」

「ほら、やっぱり剛君もヤンデレ好きなのさ。今度そういうゲーム貸したげよっか?」

「いや、そっちじゃなくてな。――あ、今やってる奴終わったら、頼むわ」

「ゲームは借りるのか……そして、あんまり変なのやらせるなよ、学」

 

 スポーツが得意な学だが、それ以外も趣味があった。それがゲームというか、専らが好きなようで。事ある毎に俺や剛を巻き込もうとする。


「ほら、よくいるじゃん。前世の記憶が~みたいなこと言う人」

「よくはいないと思うし、そんなのインチキだろ?」

「つまらない生き方してるね~、幸人君は……」

 剛は鼻を一つ鳴らした。そして、なぜかメガネの方も俺のことを憐れんだ感じに見てくる。


「世界には七十億近くの人が暮らしてる。そんな不思議な事あってもいいじゃないか」

「お前がそんな迷信じみた考え方を持ってるなんて、ちょっと意外だな。勉強できる奴はみんな、科学で証明できないことはあり得ないー、みたいに言うと思ってた」

「凄い偏見だな、君……」

 またしても、二人に対して軽蔑された気がする。

 剛はまだしも、さっきから学のやつ……本当にお調子者だな。


「とにかくさ、その女性は幸人君の恋人ってことだろう? あーあ、一目見てみたかったなぁ」

「だから、恋人違う!」

 

 ばしんと大きく机を叩いて、俺は立ち上がった。

 そのせいで、今度は俺にいくつか視線が集まる羽目に。途端恥ずかしくなって、俺はすぐさま座り直した。


「でも、学も大変だよな~。毎日のように部活、あるんだもんな」

「いいんだよ、好きでやってることだから。俺からすれば、二人の方こそ不思議だけどね。中学の時は部活やってたでしょ?」

「そういう学校だったからだろ。俺は仕方なく手芸部、で、幸人は――」

 

 剛は言いかけてすぐに口を閉じた。ちょっとばつの悪そうな表情が浮かぶ。

 それは学も同じで、それ以上突っ込んでくることはなかった。


 余計な気づかいだ、それは。ありがたいことだけど。俺はとっくの昔に吹っ切れてる。


 幼稚園の頃から、水泳をやっていた。父さんの勧めで、地元のスイミングスクールに通ってた。それを中学でも続けたんだが、一年も経たず部活を変えた。

 目の前にいるこの小柄なメガネの友人との差が、とても浮き彫りだったから。いくら努力しても、こいつのようにはなれない。彼の才能はあまりにも眩しすぎた。


 そんなもの、よくある話だ。俺には、より高みに行くセンスはなかった。ただそれだけ。

 みんながみんな、自分のやっているスポーツでうまくいくわけではない。それをあの時初めて知った。順序の問題だ。


「そういえば、今日はちゃんと宿題やったのか、幸人?」

 さっきのことなどなかったかのように、その声は明るい。

「ああ。大体昨日はノート忘れただけだから。英語の課題だろ。あれ、やってないとめちゃくちゃ――」

 

 学の顔がみるみるうちに青ざめていくのがわかって、俺は喋るのを止めた。

 そのまま大慌てで、床に正座をかます。


「一生のお願いです! 予習ノート見せてください!」

 うん、見事な土下座。

「それ何度目だよ……」

「まあまあ、いいじゃないか、幸人。困ったときは助け合いだ。俺の貸してやるよ」

「いや、君のノートは字汚いから……幸人のがいいな」

「贅沢だな、おい」


 呆れながらも、俺は英語のノートを貸してやった。正直、その出来栄えには自信はないが。一ヶ所適当に訳したし。まあいいだろう。

 そのまま奴は俺の机を占領して、作業を開始した。

 そんな学をよそに、俺と剛はくだらない話を続ける。男子高校生の会話なんて、とるにならないくだらないものだけど、楽しいことは楽しい。


 やがて――


「おーい、お前ら読書の時間だぞぉ~!」


 がらがらと音がして、前方の入り口から担任の溝口先生が入ってきた。指導科目は国語、である。

 相変わらずその見た目は胡散臭い。そもそもどうして理科の教員でないのに、白衣を着ているのか。それが一層怪しさを際立たせている。

 髪はぼさぼさ、目は半開き、無精ひげはぽつぽつと、完全なダメ親父がそこにいた。あれで、まだアラサーというのは恐ろしい。


 がたがたと、みんなが椅子や机を動かす音が教室中からした。むろん、剛と学もそれぞれ前を向く。

 俺は机の中に手を入れて、ずっと入れてある文庫本を取り出した。朝読書のために用意したものだ。この五分間しか読まないから、ろくに物語は進んでいないけれど。


「なーんてな。嘘だよ、嘘。今日はその前に話がある」

「なんだよ、みぞぐっちゃん。そりゃないぜ~」

 クラス一のムードメーカーが囃し立てた。それで、笑いが教室内に広がる。


「悪い、悪い。よし、じゃあ入ってくれ!」

 溝口は教壇側の扉に向かって呼びかけた。


 がらがら、再び扉が開いた。間があって、つかつかと誰かが入っていく。


 それは、うちの高校の制服に身を包んだ――


「初めまして。明城あきしろアリス、です。よろしくお願いします!」


 見慣れない女生徒は滑らかに教卓の近くにいくと、腰を深々と折った。よく目立つさらさらとした銀色の髪が鮮やかに踊る。

 それは、昨日あったあの変な女だった――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます