第43話 トローアの町

 おじいちゃんからいくつか質問を受けた結果、俺にぼんやりした計画しかないことがすぐにばれた。一応、耕した畑の場所とか、キャベツ、お茶の木、コーヒーの木の植えてある場所を、ざっくりした図面を見せながら説明したんだけど。


 とりあえず欲しいものと、欲しい風景を、次回までに考えてくるように言い渡された。


「ほかに働き手を連れてくる予定は?」

「今のところはない。ただ、この世をはかなんだ力仕事ができるようなヤツがいたら、拾ってくるかもしれない」

個人的には、かわいらしい少女とかが癒しなのだが、現実的に開拓には屈強な青年かオヤジが必要。癒しはその後だ。


「なんとも妙な物言いだが、そうだな、すでにある場所の手入れならともかく、畑を作るために木の根を起こし、大石をどける作業は、残念ながら儂では時間がかかって役に立てそうにない」


「早めにいい人材に会えるといいんだが。当面は、体調を戻しながらゆっくりで」

おじいちゃんがまだ本調子じゃないのでお暇する。


「ここにスープ壺置いておく。じゃあな」

暖炉にスープを温めるための壺を設置し、ロゼに姿を変える。


「あ、壺はちゃんと中身入りですよ」

「ああ。礼を言う」

姿が変わることになれないのか、目を丸くしているおじいちゃん。


「ただいま。お土産はありませんよ」

ちょっと離れたところに出て、位置を確認して戻る。【気配探索】は便利ですよ。


「おかえりなさい」

丁寧なハティとファレル。


「期待してねぇよ。おかえり」

カディがぞんざいな返事をする。


「おかえり」

声をかけてきたミナに抱き着く俺、あったかくて柔らかな、このお胸があれば生きていけます。


「ほれ、出発するぞ」

お胸を堪能してたら、カディにべりっとはがされました。


 そのままハティに引き渡されて、またぐるぐる巻きですよ、ぐるぐる巻き。児童虐待でそろそろ訴えようかと思います。飴をくれたんで、今回は許しますけれども。


「じゃあ全部森とかじゃないんですね?」

「ええ」

暇なので、行く先がどんな町か聞いていたら、地理の話になりましたよ。


 ちなみに、トローアは豚牛が目当てで行く町ですので、牧草地に囲まれたのどかな町です。ちょっと足を伸ばすと、規模はは小さいけど迷宮が点在してます。ただ、ドロップはあんまりよろしくないみたいで、人気は無しです。


 俺は魔物を倒せればいいので、人を気にせず狩れるのは大歓迎です。ここで、カバラの迷宮のお手入れが終わる頃まで、魔素取得に励む予定です。


 で、今は地理のお話です。この世界は、大部分は荒れ地で、森がパッチワークみたいな感じで点在してるんだそうです。荒地でも迷宮から食料を得たり、資源を得たりで、人が住んでるそうです。厳しい環境でも、金目のものに群がってるんですね。


 地形や環境については、オネェの神様、両極端そうだもんねぇで、納得です。地球だったら、地形から環境に影響を与えて、天候が地形に影響を与えて〜で、そこまで極端にならないと思うところですけれど。


「あとは水での魔素中毒ですか。定期的に神殿に行けばいいだけですが、場所によってはお金がかかります」

「水の魔素中毒?」

初めて聞きましたよ?


「ああ、ロゼは心配ありません。魔法を放つ時に一緒に放出しているはずです。ほとんどの水は、そばにある迷宮の影響を受けて、魔素が混じります。取り込んだ魔素を自身で体外に放出する方法を持たない者は、神殿や魔導師に排出してもらうのです」

これは、迷宮に長くいる冒険者も同様です、とハティが説明してくれる。


 その集めた魔素がほしいです。排出なんてとんでもない! 俺の美味しい、日本の料理に化けるものですよ!


 そんなこんなで、目的地のトローアの町到着! 途中で村人が言うところの「ちょっと強めの魔物」が出たけど、こっちが過剰戦力でした。ミナ一人でもいけますね!


 帰りを考えると、ミナ一人でいけないと困るとも言いますけれども。護衛されてるはずの俺も参加するけどね。


「おお?」

町というだけあって、木の柵で囲んであった村とは違い、低いけど塀がめぐってます。


 さらに大きな都市になると、カディより大きな市壁がどーんと建つみたいだけれど、町としては立派な方だそうです。


「基本は王が国全体を治め、侯爵が地方を治め、伯爵が都市を治め、子爵と男爵が町を治めます。侯爵はある程度力を持っていて、王にも意見できる立場の者が多い。子爵と男爵では子爵の方が位も治める町の規模も大きい。王族から分家した公爵というのもあるけれど、これは名のみで王都にいる者や、領地を持つ者など様々です」

ファレルが説明してくれる。


 上の爵位の人の下に、爵位持ちがぶら下がってる時もあるみたい。どの爵位の人が治めてるかで、都市や町を取り囲む壁の種類が決まってるんだって。下っ端には軍備を整えるのに制限があるかんじ? 


 そういえば家康さんも、大名が勝手に城造ったな!? とか、石垣造ったな!? とかやってたもんね。


 ファレルの家があるカバラは都市扱いで、公爵領だって。ただし、数代前から王都にずっと住んでて来たことないって。遠縁の伯爵が代わりに治めてるそうです。俺は冒険者ギルド経由で税金を搾取されてるので、あんまり意識しない存在だけど。


 ファレルは家持ちだから、徴税官にも払ってるはずだけど。働いては税がかかり、売っては税がかかり、門をくぐっては税がかかり……。ちょっと多くないですかね? さらに神殿からもお布施という名の集金があるんですけど。


「なんとなく理解しましたよ。だからとりあえず、可愛い娘さんがいる宿屋に泊まりましょう。お胸の大きな未亡人さんでもいいです」

どっちも鉄板ですよね!


「……」

笑顔のまま無言なハティ。


「よし、引退した冒険者の親父の宿屋を紹介してやる。見てくれは怖いがいいやつだし、安全な宿だ」

何か決意したようなカディの顔です。


「可愛い娘さんがいるんですね?」

「いない」


 抗議しますよ!!!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

異世界で箱庭を。 じゃがバター @takikotarou

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ