第3話

 裸眼って羨ましいなぁ。


 眼鏡をかけないで過ごしたのは、4才になる前までのちょっとの時間だったから、正直覚えてない。


 おしゃれでだて眼鏡ー、とか、確かにかわいいけど、リアル眼鏡の人にはちょっと無理な話だし。眼鏡オン眼鏡。

 そんなんでおしゃれするんなら、服とか買えばいいのに。本当に思ってたなぁ。


 眼鏡とか、=嫌いのイメージだったから、おしゃれでもつけるなんて意味が分からなかった。

 まぁ、なかったらなかったで生活できないんだけどさ。


 裸眼を経験してみたい。人生で一回でいいのに。

 とかいいつつ、コンタクトは怖いっていう矛盾よ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

これでも私、障害者だよ? 植木鉢たかはし @Uekibachi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ