第2話

 障害者って、なんとなーく下に見られがちな気がするんだよなぁ……。


 だからなのか、隠せるもんなら隠したいっていう気持ちが働いて、小学生の時とかは隠してたんですよね。

 でも、目が悪いってことで、眼鏡をずっとかけてたから、バレるんですよね。


 それでいじられるのは、割りとマジで辛かった。

「私のせいじゃないのに」って思ってね。


 性格のせいとかなら治せるのに、障害は治せませんからね。今でこそ割り切れてるけど、あのときは無理でしたね。

「幼稚園に行きたくない」って泣いて頼んだことは覚えてます。


 だからどうしろとも言えないんですけど、小さい子が眼鏡をかけて歩いていると、なんとも言えない気持ちになります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます