第2話 露天商

 とある街で露天商が盾と矛を売っていた。


 露天商は、売り物の盾を自慢気に掲げてこう言い放った。


「私のこの盾の堅固なことときたら、どんなに鋭利な刃物でも突き通すことはできません」


 次に露天商は、売り物の矛を自慢気に掲げてこう言い放った。


「私のこの矛の鋭利なことと言ったらどんな堅固なものでも貫き通してしまいます」


 すると、それを聞いていた男が眉間にシワを寄せながら露天商の男に詰め寄より、こう言った。


「ここ、露天営業禁止だよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る