オリジナル・ショートショート

恋するメンチカツ

第1話 人生いろいろ

 仲の良かった中学の同級生3人と20年ぶりにプチ同窓会を開く事になった。場所は、当時4人の溜まり場だった貴久の実家。


 俺は仕事で少し遅れて駆けつけた。


「すまん、おそくなった」


「おせーよ、ハゲ」


 立派にハゲあがった貴久が自虐的に応えた。笑いがこみ上げる室内。懐かしさに浸りながら室内を見渡す。3人は当時と変わらない席順で当時と同じように円卓を囲んでいた。


「調子はどうよ?」


 俺がみんなに訊ねると悠太がこれでもかというドヤ顔で高らかと答えた。


「宝くじで1億円当たって、仕事は弁護士、子供も3人いるぜ!」


 続けて、文也が遠慮がちに口を開いた。


「僕は、サラリーマンで子供は1人、株を沢山持ってるから今後は、それに賭けるよ」


 文也が君の番だよ、と言わんばかりに貴久の顔を見つめた。


 貴久は、バツの悪そうな表情をするだけで何も言わない。


 すると、悠太が貴久の顔を指で差し、ニヤニヤとしながら口を開いた。


「こいつ、車の事故で500万の借金を背負った上に事業の失敗で無職になってやがんだよ、負け組街道真っしぐら」


 悠太の一言で再び笑いがこみ上げる室内。


 貴久は下を向き、泣きそうな顔でうな垂れている。


 俺は笑いが止まらず、何度も床に拳を叩きつけた。こんなに笑ったのは何年ぶりだろうか。やっぱり、貴久の負け顔はいつ見ても面白い。


「まだ、負けかどうかはわからないだろうが」


 貴久はそう言い放つと円卓の中央に鎮座した人生ゲームのルーレットを力強く回した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る