第10話 Interlude

 人は死ぬときに、走馬燈を見るって聞いたことがある。

 耳にしたのは爺ちゃんが死んだときだった。

 俺はそのとき走馬燈というものを知らなかったので、その後ネットで調べてみたのだ。


『走馬燈――影絵を中にしかけた灯篭』


 言葉だとイメージしづらかったので、動画を見てみると、単純な構造をすぐに理解することができた。

 内側に光源と絵を仕込んで、くるくると回す装置なのだ。それを回すと、その周囲に設置された囲いに影絵が映る。それがまるで動いているように見えるという仕組みだ。

 イメージとしてはあれだな。床屋の前の赤と青のぐるぐるがずーっと回ってるやつ。あれの影絵だと思ってくれればいい。


 現れて、消える。

 消えて、現れる。

 その繰り返しを行うのが走馬燈。


 人間の感覚というのは、不思議というか、いい加減というか、実際は同じ位置にもどってきているだけの絵なのに、それが動いているように見えるのだ。

 なにも変わっていないというのに、変化しているように見えるのだ。


 円柱がその場で回っているだけだというのに。

 まるで前進しているように、思い込む――。


 つまり『走馬燈』というのは、『死ぬ間際に色々なことを思い出す現象』のことではなく、『走馬燈のように、記憶がよみがえっていく』という比喩表現らしい。


 だからなんだ、と言われても、まあ、俺にもよくわからん。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る