聖骸機メシアクラフト―番外編―

【番外編】設定集:メシアクラフト

機体通称:弩級聖人型遺骸兵装〈メシアクラフト〉

■メシアクラフト概要

・機体全高:約100m(※公称値)

・機体重量:約7000t(※公称値)

・巡航速度:マッハ5(※公称値)

・主動力源:人工聖杯式球状トカマク型核融合炉

・装甲材質:祝福された複合装甲

・装備兵装:(下記に別途記載)



■メシアクラフト各部の構成

 メシアクラフトは全身が第一級の聖遺物によって構成されている。よって聖遺物を介した魔術、すなわち"奇蹟"を極めて大規模に行使可能な呪具そのものでもある。これまで数多の聖遺物を収めた教会が特別な効力を発揮する例は確認されて来たが、メシアクラフトは言うなればその教会そのものが移動・攻撃可能という点において、これまでの聖遺物利用とは一線を画する兵器体系として昇華されるに至った。


 動力源には球状トカマク型核融合炉を採用。

 プラズマ閉じ込めには直径5mほどの人工聖杯を用いており、球状の聖杯をちょうど向かい合わせに配置する事で超高温・高圧のプラズマを臨界状態で保持している。炉内のプラズマは聖水の同位体からなる聖なるD-Tプラズマであり、機体内に注入された聖水を核融合させることで既存兵器を上回る莫大な出力を得ている。重レーザー迎撃システムを稼働させる為に戦闘機(例:F-35L型など)へ搭載されている核融合炉より、さらに大型かつ高出力のメシアクラフト専用動力機関。

 また、ジェネレーターにはリミッターが設けられており、これを解除することで一時的にプラズマ圧を高めて発電能力を向上させることも可能。しかし、聖杯そのものが高温に耐え切れずに融解し始める為、限界稼働状態での戦闘はおよそ90秒が限界とされている。もしも90秒を超えて戦闘を継続しようとした場合、聖杯は全損を免れない。


 駆動系には聖体の合成筋組織を採用。

 メシアクラフトの動きを支える駆動部は、うっすらと青みがかった白い人工繊維によって構成されている。これは各地から回収された聖体たちの遺伝子を抽出・合成し、数十mクラスにまで培養することで形成したメシアクラフト用の筋肉そのもの。つまり、パイロットとして乗り込む聖人とほぼ同一の組織である為に、パイロットの身体の拡張として機能し易い設計となっている。

 機体が魔術を行使するうえで必要不可欠な特性を持っている。


 推進系には重力制御とアークジェット推進を採用。

 メシアクラフトは肩部アーマー内に六連ベクタードノズルを内蔵している。大きく左右に広がった肩部アーマーそのものが動作することで推力軸を変え、急激かつ変則的な戦闘機動を実現している。

 メインとなるのは、聖なる核融合炉由来の莫大な電力供給を背景にして実現したアークジェット推進。そしてサブとして機能しているのは、メシアクラフトの頭頂に浮かんでいるエンジェルハイロゥ由来の重力制御推進となる。

 かつて多くの聖人たちが起こして来たという"浮遊"の奇蹟は、聖人たちの合成体であるメシアクラフトにも発現する事となった。それが限定的な重力制御能力をもたらしているのだが、それだけで推進力を賄える程ではなかったためにサブとして機能している。メシアクラフトの殺人的ともいえる戦闘マニューバを支えていた。


 操縦系にはマニュアル操縦と神経接続の併用方式を採用。

 メシアクラフトのコックピットには、パイロットの四肢を貫通し、固定するように設計された侵襲式神経通貫コネクタとしての聖釘×4本が設置されている。ちょうど操縦桿を握り込んだ手首を貫くように2本、そしてフットペダルを踏み込む足首を貫くように配置された2本がその内訳。

 これは聖書に伝えられる救世主の受難を模倣する為の呪具として機能し、パイロットとメシアクラフトを類感呪術によって呪術的に一体化する働きを持っている。また、四肢の神経を貫くことによってマニュアル操縦を補助する機能も盛り込まれており、メシアクラフトの操縦と魔術行使には不可欠なパーツとなっている。



■メシアクラフト搭載火器

・聖別済みロンギヌス徹甲弾専用電磁投射砲

 両手首に搭載された口径600mmの内臓式レールガン。

 最も使用頻度の高い兵装であり、マッハ20にも達する砲口初速で以て聖遺物を撃ち出すという対イコン聖遺物兵装の一つ。弾体の先端には複製されたロンギヌスの槍が据え付けてあり、着弾したイコンを用意に吹き飛ばすほどの威力を発揮する。仮にイコンに直撃しなかったとしても、隕石にも等しい速度で撃ち出された質量弾は容易にクレーターを作り出すほどの威力がある。


・聖遺骨ダイヤモンド製超高硬度破砕爪

 両手の指に搭載された特殊ダイヤモンド製ブレード。

 イコンに対して白兵戦を挑む際に多用される兵装であり、聖人の遺骨を焼き固めて作ったダイヤモンドは強力な魔術的効果を発揮する。本来なら衝撃には脆いはずのダイヤモンドだが、奇蹟の恩恵で強靭化している為にそうそう破損することはない。イコンの身体を容易に引き裂き得る強力な聖遺物兵装の一つ。


・聖遺物弾核内臓式空対空ミサイル

 聖剣デュランダルの構造を模倣して造られた聖遺物内臓式のミサイル。

 ミサイルそのものはかつて対戦車兵装として研究されていたこともあるKEミサイルであり、着弾時の運動エネルギーで以て目標を貫徹する。そしてメシアクラフトに搭載されたミサイルには、先端に聖遺物である聖人の遺骨が内蔵されている為に、イコンをも粉砕することが可能。

 遺骨自体はクローン培養された聖体から取り出されているが、中には数百年来のオリジナル聖遺骨を内蔵したミサイルも運用されたと記録されている。


聖骸布積層装甲シュラウド・アーマー

 メシアクラフトの全身を覆うほどの巨大な複製聖骸布。

 かのトリノの聖骸布を解析・複製して製造されたとされる聖骸布で、紛れもなく人類史上最大面積を誇る聖遺物。極めて強力な魔術的効果を発揮するため、イコンの攻撃すら防ぐほどの追加アーマーとして機能する。

 来たるべき決戦に備えて製造されていた決戦装備の一つだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます