剣聖に裏切られた幼馴染の旅路

作者 冒険者になろう

1,164

417人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

絶望からのスタートと言えば、ありきたりななろう系の始まりです。
しかし、安易に特別な力に目覚めたりせずに地道にやっている所が好感度大です。冒険者をしっかりとやってる所も良いです。俺TUEEEEだと、早々に冒険辞めちゃいますからね。

今後の展開は作家様の頭の中ですが、私の願望としては勇者を倒してざまぁwwwwとするより、勇者と争わずに小さな幸せを掴んでほのぼのと暮らして欲しいです。勇者は諸国をバタバタ巡ってるけど主人公は仲間とのんびりみたいな。
件の幼馴染は考え方が自己中なので出来れば他の女性(達)と助け合いながら楽しく冒険者ライフを送る生活なら楽しそうだなと愚考します。

私の妄想が垂れ流しになりましたが、まだまだ序盤ですのでそう言う想像も含めた楽しみもあります。更新を楽しみにしてます。

★★★ Excellent!!!

特別な力があるわけでもない主人公が勇者に目を付けられて今後どう対応するのか気になります...その時にあるであろうユキナとの邂逅でお互いにどのような反応を示すのか楽しみです。この物語がどのような進行をするのかは予想もつきませんが個人の願望としては形はどうあれユキナには本当に幸せになって欲しい...

★★★ Excellent!!!

この小説は主人公が何処まで登り上がれるかがカギとなる小説だと個人的に思っております。
主人公が幼馴染に裏切られて旅立つ。そこまでは誰しもが思い描く王道のルートとも言えます。しかし、その後はどうするのか? 幼馴染のように特殊能力もなければ目立った才も無い。現時点ではコツコツと下積みを積んでいますが、今後の展開が未知数であります。
それ故に目が離せない。そして彼の辿り着く場所に待ち受けているのは何なのか?
個人的に続きが一番気になる作品でございます。これを読んで興味を持った方は、是非一度目に通してくださいませ!

★★★ Excellent!!!

特別な力を授かった者とそうでなかった者との物語。
カメの歩みで成長していく主人公を応援したくなります!
まだまだ序盤ですが、主人公が障害や困難を乗り越えてどこまで歩いていくのか楽しみに出来る作品です。
これからの展開はわかりませんが、主人公にはどんな困難にも真っ直ぐに立ち向かって成長していって欲しいですね。

★★★ Excellent!!!

なろうで連載していた頃から読んでおりますが、とても面白いです。
好き合っていた2人が引き裂かれ、今後どうなるのか?
道が交差するとしてもそれはロクでもないものだというのが現時点でも容易に想像できてしまいます。剣聖の幼馴染が嫌いな読者様(私も)が多いようですが、私はできればどちらも幸せになってほしいです。主人公がどのようにして一矢報いるのか楽しみにしております。

★★★ Excellent!!!

タイトル通り、普通ならバッドエンド
間違えて「剣聖に裏切られた幼馴染の末路」と読まれてしまうような出だしです

ただし、この主人公、市井の一般人として生き、後悔もするし間違えもしますが、
それを糧にする精神力があるのです

心の強さとは何か?
人生は挫折したらそこで終わりなのか
生きるために捨ててはならないものは何か?
ここから始まる主人公の旅路に期待大です

なお、主人公の対比として「剣聖」な幼馴染が登場します
彼女が前に進めるのか、それとも勇者PTという「檻」に閉じ込められ、夢に潰されて終わってしまうのか
このサブストーリーも面白いですね

★★★ Excellent!!!

1章+2章(なろう版)を見た段階でのレビューです。

主人公も出てきたヒロインも自分好みな訳では有りませんが、心理描写が細かく描かれている為引き込まれました。
幼馴染の裏切りについて、擁護、非擁護どちらも両方いるのはそれだけ細かく書かれているからだと思います。


年不相応に大人な上、必死に背伸びしている印象のシーナが素直に笑えて幸せになれるのか、、、
裏切った幼馴染は恋ではなく愛する事学んで成長するのか、、、
とても楽しみにしています。(近況ノート3章のあらすじ的にまだまだ落とす様ですがw)

おっさん的に女の子は笑っていて欲しいのでユキナに救済をw(もちろん今のままユキナ本人の成長が無いままでの復縁等は反対ですが、、、)
てか幼少期に絶対シーナ及びユキナ父が過保護にしすぎてたんでしょ?w
その事も原因の一つでしょ?w
とか思ってます。
あとは悪意の少ない村の閉鎖社会とか?
その辺りもユキナの精神的成長が遅れている理由なのかなぁ。

シーナ君だけのことを考えたら、幼馴染の様なタイプより姉さん属性の人に、色々凝り固まったのほぐしてもらえた方が良いんだろうけど、、、(作者様は追い詰めたい模様w)


と、まぁこんな感じに色々考えさせられる良い作品だと思います。

★★ Very Good!!

まだ始まったばかりなので、俺Tueeeなのか、それとも堅実に成長する物語なのかわかりませんが、他作品と違うのはキャラクターの造形なのかな、と思います。
今後が心配で応援したくなる。彼の成長を見守り続けたくなる。
そんな物語です。

あと、当方女なので、主人公が美少年なのも応援し甲斐があるかな(笑)

★★ Very Good!!

ユキナに同情的な人もいるが私にはユキナの何処に同情出来る要素があるのか全く理解出来ない。
何故ならこうなった原因は八方美人で意思軽薄で権力や運命と戦わずに楽な方へ楽な方へ自分から流され、誇りも尊厳も無く勇者や貴族に言われるがままシーナを裏切ったユキナ自身が原因だから全く同情出来ない。
しかも自分から酷くふった後でも自分の側に居て欲しいとか浅ましいにも程がある。
自分は神に選ばれた英雄で剣聖、シーナは無力な村人で一般人、だから一緒に居られないのは仕方ない事だよねとか、無自覚にシーナの事を見下して悲劇なヒロイン気取りも気に入らない。
シーナに捨てられて初めてシーナと一緒に逃げようとするが、それなら何故勇者に体を捧げろと言われた時に逃げなかったのかと言いたい。裏切った後じゃ何もかもが遅い!
ユキナは抵抗もせずに勇者に抱かれ、故郷を捨て、シーナを裏切り、傷つけ、捨てようとしたのは、どうせ最後に謝ればシーナは全部許してくれるからというシーナに甘えた心が根底にあるからだ。だから本気のシーナに捨てられた時に初めてこのクソみたいな状況から逃げようと抵抗をした。
シーナならどんな事をしても許してくれる!シーナならどんなワガママも聞いでくれる!裏切り者は何があっても絶対に許さないシーナだけど、自分はシーナを裏切って勇者に体を許しちゃっでも、後で謝ればシーナは簡単に許してくれる!シーナをどれだけ傷つけ痛めつけても、自分がちょっと謝ればすべてが許されで元通りになると思ってる辺り、シーナにどことん甘えてるのが分かるし、シーナの事を心底バカにして舐めてるとしか言いようが無い。
抵抗もせずに自分から救われようとしない奴を救う事は出来ない!
剣聖は勇者とは対等の存在、仲間であって勇者の性奴隷でもましてや肉人形でも無い!それすらも分からず権力に屈し、勇者や貴族に媚び、シーナに甘え裏切り傷つける。
勇者や貴… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

『第7話 シーナの手紙。』を読んでて気が付いた。
この物語に惹かれてたんじゃなかったんだと。
好きじゃなかったんだと。
主人公とヒロインの不幸が、その在り様が許せなかっただけなんだと。
悲しみ、嫌悪、憤り、寂しさ、諦観、絶望を無視できなかっただけなんだと。
ああ、この物語、嫌いだったんだ。
だから、こんなに特別に感じたんだと。

嫌いだから、目が離せない。
嫌いだから、最後まで読みたい。
嫌いだから、読んで、読んで、読み尽くしたい。
嫌いだから・・・・嫌いで、嫌いで、嫌いだから、好きになりたい。


・・・・・・・・・・・・というわけで、先が気になる心を抉る良作です。


★★★ Excellent!!!

読み専の礼儀として全ての作品に対して敬意を持って読んできていますが、
中には登場人物が個性のない記号となり、物語を進める駒としか感じられない
作品もあります。

そんな中で、この作品の登場人物にはどんな端役にもそれぞれの意思や思い、
明確な個性が感じられます。私はそこにこの作品への魅力を感じています。
秩序と正義、支配を象徴する勇者に対し、自由と信念、仲間を象徴する主人公との
対比が絶妙です。

なぜシーナに魔人語が理解できるのか、自分を持てないユキナがどのような選択を
重ねて行くのかはこれから明らかになっていくのでしょう。
この先の物語をとても楽しみにしています。

(あまりに気に入ったので初めてレビューなんてものを書いちまいましたゼ!)

★★★ Excellent!!!

外国人なので日本語はまともないかもしれないですが。
これからの物語も期待しています。こういう裏切られる物語と似たような感じもしますけど、毎回も思わず泣きなした。シーナの決心もユキナの告白も、こころの中にどこかを刺さりました。
これからも応援するので、体気おつけて頑張ってください!

★★★ Excellent!!!

 最初に未投稿分のも含まれますが御了承ください。
 主人公ユキナが運命の日を迎え『また』大切な人を失う。苦しみ哀しみ、己の無力と運命に嘆く。その感情の矛先は女神にも向くが、作中の女神様は個人的には好きですよ。忘れられてしまうのに、それでも伝えた気持ちとか。おっと脱線してしまい失礼しました。

 ユキナは思いと思い出に決別し、仲間と出会い、自分の中の能力に目覚める。このレビューを読んだ皆様が『あ、ここの事を書いてたんだ』そう理解できる話まで読み続けて、ユキナの成長と取り巻く世界や感じて貰えればと思います。

★★ Very Good!!

※某投稿サイトの感想が混じってます。その分はご了承願います

 某投稿サイトでチラッと見てド忘れして、ここに移転していたのを気がついたでレビューを投稿することにしました。あっちはだいぶ荒れてましたしね。

 最初に言えるのは「何かを言う前にある程度読んで、その後に読み続けるかを考えてほしい」ということです。
 この作品はテンプレではありますが、意外性のある作品だからです。
 この作品は楽しいような物語ではありません。しかし、面白い部分はちゃんとある作品です。
 まずは読んでください。
 刺さる人には刺さるようなので。

 某投稿サイトのときの作中からは明確ではなかったものの、ある程度のテーマは感じられたので、感想は各章の完結ごとにした方がいいと思います。





▽以下感想混じり。

 作品としてはこのサイト発の「フラれた」と似た、いわゆる便乗の中では意外性のある物。です。
 意外性の分は面白く感じますが、それ以外だと普通の作品です。
 つまりフェチ向けです。刺さらない人には本当に刺さりません。

 あらすじは本当にそのまま「勇者に剣聖になった幼馴染みを寝取られたけど、幼馴染みの新しい恋を祝うことにして身を引いた後のお話」です。
 ストーリーの一部には意外性がありますが、展開は本当に在り来たりとなります。

 読む際に留意すべき点はこの手の作品によくある、"大きなカタルシス"が無い作品であること。
 ダークファンタジーとしての趣向が主人公に向けられていることがあげられます。
 序盤は主人公を始めに登場人物の7割程が不幸になってしまうという、ネット小説では意外性のあるストーリーがあり、ネット小説しかダークファンタジーを知らない人にはそこそこ不評なのではないでしょうか。
(少なくとも某投稿サイトの反応を見た限り中々厳しかったようです)

 何度か言いましたが、この小説はネッ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

某なろうにて投稿されていた小説がカクヨムにやってきた。
カテゴリで言えば"勇者にヒロインを寝取られた主人公系小説"である。

『勇者が幼なじみのヒロインを嫁として迎え、主人公がそのヒロインの婚約者でしたが、幼なじみの将来を考えて身を引きました。』
と、概要だけ言えばこれで終わりかねない物語である。少なくとも、歴史の教科書なら年表に一行書いて終わる事象である。

しかし中身を読み進めるうちに、これはそんなカテゴリで語れるレベルではないと気付かされるだろう。現時点では序章しか紹介されていないのでネタバレは避けるが、「手軽にスカッとざまぁ小説」ではないのは確かだ。
努力すればすべて報われ、努力の末に手にした潜在的なチートで無双する、都合の良い奴隷や美幼女系最強亜人を得る…といった夢を、この小説は破壊する。何故なら主人公は無力で、ユニークスキルを与えられてもその使い方が一切わからないためチート無双は全く出来ない根っからの村人であり、覚醒して超絶レベルアップもしないからだ。ひたすらトライアンドエラーを繰り返し、反省し、傷つき、徐々に成長する。所謂ステータス画面等というネトゲ要素も排除されている。徹底的な"現実追及""ファンタジー"である。

タイトルに書いた通り、まさに主人公に主人公補正がないとどうなるかを体現したような小説であると言えるだろう。ハマる人にはとことんハマる。命の重さにリアリティを感じさせるファンタジー小説。LV1村人の成長と苦難を楽しむ勇気のある方には、ぜひ一度手に取って頂きたい。

★★★ Excellent!!!

「な、なかっ!、、、俺ん作品が無かとよォォォ!!!」

『剣聖に裏切られた幼馴染の旅路』の作者は店を飛び出した。「お客さんお勘定ーー!!」と迫る黒服集団は『幻斬撃』でしっかり倒しておいたから大丈夫。

さっきまで中州のガールズバー「ミーア☆ノクターン」で「ワイの上昇加速は一味違うったいぃぃぃ~!」と第1空挺団時代の武勇伝を語り、自作投稿作品をバーのオキニ嬢『♡ユキナちゃん♡』に見せてアピールしていたのはここだけの秘密だぞっ!

某小説投稿サイトから追放処分を受けた作者は、仲間達の支援と"繋ぐ力"によって新たな女神・カクヨムの元へと旅立った。目指すはカクヨム運営ギルドだ。固有スキル『上昇加速ブーストアクセル』を発動させると、作者の蒼き瞳は周囲を睥睨した。

白髪に染め、ブルーコンタクトを入れた『シーナになりきった』作者に同僚や家族、近隣住民の不安は広がる。会う人会う人を『相棒』と呼び『一緒にお揃いん剣ば打たんか?』と謎仲間理論で熱い視線を向けるのは勘弁してほしいよアッシュ。

そんな狂う兄を見て作者の弟は涙ながらに取材に答えた。

弟「うちン兄ヤンが作品消しゃれて狂っちおかしくなりよったちゃ、誰か助けてくれんとね?」

身内の心配を他所に、優雅に派遣型マッサージ店の一番人気嬢、ティーラさんから『癒し手』の施術を受けながら喘ぐ作者。

「難癖ばつくる〇〇〇系某運営など要らん・・・んくっ」

この作品は、運命に抗い、己を殺し、己を貫き通した主人公シーナと作者の末路・・・もとい、旅路を描いた物語である。

(´・ω・`)「もう作品消さんといてや」