第24話 孤独な少女

 その少女はとても大人しそうな雰囲気の子だった。

 ベリーショートとも呼べるくらいの短い髪に、とても華奢な身体つき。

 黒縁の眼鏡をかけているせいもあってか、一見とても真面目に仕事をしているようにも見える。まあおそらくはそうなのだろうが。


「ちょっと待ってて。私聞いてくるから」


 そう一言呟いた冬坂は、1人真面目に仕事をしているその少女の元へ歩み寄って行った。

 彼女が自分から他の女子に話しかけるところなど、今まで見たことがないので、何だかすごく新鮮味が感じられる。


 ——てか大丈夫なのか? あいつ。


 冬坂のことが少し心配ではあるが、これは彼女から言い出したことなので、俺はここから黙って見ていることにしよう。

 そう思った俺は、その場の椅子に腰を下ろし、2人の会話に耳を傾けた。


「えっと、仕事中ごめんなさい」

「…………」


 冬坂が横からそう話しかけても、その少女が仕事の手を止める様子は全くない。

 もしかしたら、集中しすぎて声が届いてないのかもしれない。


「あの。ちょっといいかしら」


 そして冬坂が、少女の肩を優しく叩くと、


「はっ……!」


 ようやくその少女は、冬坂の存在を認識し、肩をビクッと弾ませた。

 どうやら本当に今まで気づいていなかったらしい。


「急に話しかけてごめんなさい。もしかしてあなた、まだ今日の分の仕事が終わってないのかしら」

「え、あ、あの……」

「ん?」


 優しく声をかける冬坂に反して、少女はとても動揺しているようにも見えた。

 おそらく突然知らない人に声をかけられたせいで、びっくりしてしまったのだろう。


「す、すみません……まだ少し残ってて……。も、もしかして生徒会の方でしょうか?」

「いいえ、私はただの実行委員よ。あなたがまだ仕事している姿が見えたから、声をかけてみたの」

「そ、そうなんですか……」


 するとその少女は、何かを隠すかのように冬坂から目を逸らした。

 その表情はどこか暗く落ち込んでいて、とてもじゃないが自ら進んで仕事をしているようには見えない。

 一体どうしたんだろう。


「あなたずっと1人で仕事をしていたようだけど、同じクラスの人はどうしたの?」

「え、えっと……。今日は用事があるみたいで……」

「用事って……。それじゃあ代理の人は?」

「代理の人も見つからなかったみたいで……」

「そ、そう」


 実行委員の誰かが、その日の実行委員会に出席できない場合、原則として代理役を立てないといけないのだが、どうやら彼女のクラスではそれが見つからなかったらしい。


 別に絶対というわけでもないので、出席できなかった奴が罰せられるようなことはないが、それでも代理役が立てられないとなると、相方1人だけに大きな負担を負わせることになってしまう。


「普通無理にでも探すのだけど……。どうしても見つからなかったのかしら」

「わ、私も詳しくはわからなくて……あはは……」


 冬坂がそう呟いたのに対して、少女は何かをはぐらかすかのように不自然な笑みを浮かべた。

 その様子を見る限り、やはり何かを隠しているようにしか見えない。


 いや、待てよ——。


 よくよく考えれば、この実行委員会が始まってすぐの時、この子と同じクラスの男子生徒は確かにこの場に居た。

 生徒会の茶番劇が終わった直後に教室を出て行ったから、俺はてっきりトイレにでも行ったのかと思っていたのだが——。


 ——まさかあのまま帰ったわけじゃないだろうな……。


 その後あの男子生徒が帰ってくる様子はなかったし、現にこうして彼女1人で仕事を負担する羽目になってるわけだ。

 何か用事があるにしても、何も告げずにそのまま帰るのは、少し不自然な気もする。


「これは直接聞いてみるか……」


 そう思った俺は、腰を下ろしていた椅子から立ち上がり、2人の元へとゆっくりと近づいた。


「すまん。ちょっといいか」

「どうしたの六月くん」

「いや、ちょっと気になることがあってな」


 そして俺は、思っていたことを単刀直入に質問する。


「君と同じクラスの実行委員って、今日本当に用事があって休んだのか?」

「えっ……?」


 俺がそう質問すると、少女はとても驚いたような顔つきになった。

 まあ突然こんなことを聞かれれば、そうなるのも当然だろう。


「六月くん、それってどういう意味?」

「実は今日、この子と同じクラスの実行委員がこの教室に居るのを見たんだ」

「居るのを見たって……それは本当なの?」

「ああ。それで作業が開始されてすぐに何処かへ行ったから、俺はてっきりトイレかと思ったんだが。どうやらその後ここには戻って来てないようだし、何も言わず帰るのはちょっと不自然だなって思ってな」

「確かに……。もしそれが本当ならちょっと不自然ね……」


 俺の意見を伝えると、冬坂もまた、何かを考え込むような姿勢になった。

 そして少女の顔に再び視線を戻すと、


「本当にあなたのクラスの人は、今日用事があったのよね?」

「は、はい……。ほ、本当……です……」

「そう。それならいいのだけど」


 いくら俺たちが質問しても、少女から返ってくるのは同じ返答ばかり。

 本当にそうなのであれば問題はないのだが、どうも彼女の反応からして、何かありそうな気がしてならない。

 今後何も起こらなければいいのだが——。


「まあとりあえずは、残っている仕事早く終わらせちゃいましょうか」

「し、仕事ですか?」

「うん。私たちも手伝うから」

「そ、そんな……お手伝いなんて……」

「そのために私たちはあなたに声をかけたんだから。ねっ、六月くん」

「ああ、そうだな」


 俺たちがそう言うと、少女は心底申し訳なさそうな表情になり、


「す、すみません。私なんかのために……」

「気にしなくていいのよ? どうせ私たち暇なんだから」


 ——いや、俺は暇じゃねぇよ。


「それに1人でやるよりも、3人でやった方が早く終わるしね」


 冬坂の無茶苦茶な言動の中にも、少女に対する気遣いだけはしっかりと感じることができた。

「俺にも少しは気遣えよ!」と言ってやりたいところだが、今更彼女にそれを伝えたところで、おそらくは無駄なのだろう。


 ——慣れって怖いな。


「それじゃ早速やりましょうか。ほら、六月くんもぼさっとしてないで」

「へいへい」

「す、すみません……。よろしくお願いします……」


 そうして俺たちは少女の仕事を手伝うことになった。


 この時点でバイトまで残された時間はあと15分。

 これは間違いなく間に合わないなと、俺は腹を決めて仕事に取り掛かるのだった。



 ——嫌——



「よしっ、これで終わりね。2人はどう?」

「俺も終わり」

「わ、私も終わりました」


 少女の仕事を手伝い始めてからおよそ10分。

 俺たちはようやく残されていた仕事を、全て片付けることができた。


「それじゃ、生徒会に提出して帰りましょうか」

「そうだな」


 冬坂の声に続くようにして、俺も席を立ち上がり帰りの支度を整える。

 この調子なら遅くても6時までには、バイトに入ることができそうだ。


  ——まあ、それでもちゃんと遅刻だけど。


「あ、そういえば——」


 するとここで冬坂が、何かを思い出したかのようにボソッと声を漏らした。

 そして動かしていた手を止め、少女の方に視線を移すと、


「まだあなたの名前聞いてなかったわね」

「わ、私ですか!?」

「ちなみに私は冬坂白羽。2年生よ。そしてこっちのパッとしない人が同じ2年生の六月春くん」

「おい……なんだその紹介は……」


 俺は冬坂にそんな風に思われていたのか。

 別に構わないが、それでもちょっと酷すぎやしないか?


「それで、あなたは?」

「わ、私は1年の南野秋乃みなみのあきのです……。きょ、今日はお手伝いしていただき本当にありがとうございました……!」


 そう呟いた南野は、俺たちに向かって勢いよく頭を下げた。

 先ほどからずっとおどおどしていたから何事かと思えば、どうやら1年生だったらしい。

 どうりで俺たちに対して敬語だったわけだ。


「南野さんね。同じ記録だし、これからも色々お世話になるだろうけど、その時はよろしくね」

「は、はい……! よろしくお願いします……!」


 冬坂が何か言うごとに、南野は頭を下げては上げ、下げては上げの繰り返し。

 どこまで彼女が謙虚なのかは知らないが、それでも同じ記録雑務として、今後少なからず共同していくことになるのだろう。


 ——まあ人間謙虚なのに越したことはないからな。


「それじゃ私たちはそろそろいくわね。南野さんも帰り気をつけて」

「は、はい。今日は本当にありがとうございました」


 そうして俺たちは南野と別れた。

 その後生徒会に今日の分の仕事を提出し、俺の文化祭実行委員会初日は、静かに幕を閉じることになったのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます