第19話 日常(春サイド)

 俺の日常が落ち着きを見せたのは、あれから半月ほど経った頃だった。


『キーンコーンカーンコーン』


 放課後を知らせるチャイムがなり、クラスの奴らが一斉に各々の行動を開始する。

 もちろん俺も、この後のバイトに備え、急いで帰り支度を整えていた。


「なあ春。この後飯行かないか?」


 そんな中声をかけてきたのは、唯一の友人である三宅雄一郎。

 本来ならば彼も、この後の部活に備えて身支度を整えているはずなのだが、何やら今日はそうする様子が見られない。


「飯って……お前今日部活は?」

「今日は休みだ。そういう春はバイトか?」

「あ、ああ。まあな」


 なるほど。練習がないから俺を飯に誘ってきたのか。

 どうりで今日1日サッカー部の奴らがご機嫌だったわけだ。


「マジかー。バイトならしゃーないな」

「わるいな。せっかく誘ってくれたのに」

「いいんだいいんだ。俺今金欠だし」

「じゃあなんで俺を飯に誘ったんだよ……」


 俺がそうツッコミを入れると、三宅はボケを誤魔化すように笑って見せた。

 たまに見せるこういう一面もまた、こいつの魅力の一つなのだろう。


「そういえば春。最近どうなんだよ」

「どうなんだって。何が?」

「バイトで大里とは上手くやれてるのか?」

「ああ、そのことか」


 俺と大里の事情を知っている三宅なら、気になってしまうのも当然だろう。

 俺とて三宅が同じ立場にいたら、間違いなく同じことを聞いている。


「普通だろ多分」

「多分って……」


 あれ以来、すなわち大里が俺に喝を入れてくれた以降、俺たちの関係には特段目立ったような変化はない。

 バイトのシフトが被った日も、これといって会話らしい会話はなく、教室で直接関わるような機会すらもない。

 だからと言って以前のように嫌われているかと言われれば、そんな感じもしないし、仲直りしたのかと言われれば、そういうわけでもない。

 つまりは普通だ。


「別にお前が期待してるような面白い展開はねえよ」

「なんだよ俺が期待してるって……。俺は別にお前らが仲良くやってればそれでいいんだよ」


 そう迷わず言って退ける三宅は、少しかっこよくも見えた。

 さすが本物のイケメンは違うなと、俺は少し感心してしまう。


「いやお前いい奴かよ」

「まあ人並みにはな。それよりも春、そろそろ行かなくていいのか?」


 三宅にそう言われ、俺は教室の時計に目を移した。

 すると針は、3時40分を指し示しているではないか。


「意外とやばいな……」


 今日のバイトはいつもよりも30分早い4時から。

 あと20分しかないので、これ以上ゆっくりしてはいられない。


「すまん三宅。俺もう行くわ」

「おう。バイト頑張れよ」

「ああ。また明日な」


 三宅にそう告げた俺は、途中だった帰り支度を手早く済ませ、教室を後にした。



 ——嫌——



 バイト先へと着いた俺は、真っ直ぐ従業員控え室へと向かった。

 この時点で時刻は3時55分。なかなかにギリギリな時間帯だ。


「危ねえ……」


 学校が終わるのが大体いつも3時半なので、今日のようにバイトが4時からだと、30分しか時間がないことになる。


 ——これは4時半安定だな。


 少しでも早く帰れるようにとこの時間にしてみたが、どうやら少し無茶だったらしい。これからは以前のように4時半からにしてもらおう。


 そう思いつつも俺は、控え室の扉に手をかける。

 中から音が聞こえるので、おそらく誰かが——。


 ——!?


 扉を開けた俺は、一瞬驚くようにして固まった。

 なぜなら控え室の中には、テーブルに寝そべりスマホをいじる大里美咲が居たのだ。


 しかも——。


 見る限り他の従業員の姿は見受けられないので、今この部屋には俺と大里の2人だけということになる。

 なんだか少し気まずい。


「ふぅー……」


 小さく息を漏らし、恐る恐る中へと歩みを進める。

 どうやら彼女は、まだ俺の存在に気づいていないらしい。


 ——何やってんだ本当……。


 そう思いつつも俺は、足音を立てないようにそっとテーブルへと歩み寄り、椅子に腰掛けようと試みる。


 すると——。


「えっ……」


 スマホに向けられていた大里の視線が、俺の方に移ったのがわかった。

 謎の冷や汗がにじみ出てくる。


「えっと……お、おつかれ……」


 終いに訳のわからない言葉を口にする始末で、俺はもう半分パニック状態。

 そのまま気まずさの海に溺れ、ゆっくりと朽ちて行くはずだったのだが——。


「う、うん……」


 ——おや?


 何やら大里の反応が思っていたものとは違った。

 というよりかは、以前と比べて少し様子がおかしいように見える。


 一瞬俺に向けられたと思った視線は、すぐさま斜め下に逸らされ、心なしか少し気まずそうな表情を浮かべている。

 肩を丸めるようにして縮こまっているその姿は、まるで人見知りの小動物を見ているように愛らしい。


 ——一体何があった……。


「具合でも悪いのか……?」

「べ、別に悪くないし。つかなんであんたがこの時間に居るの」

「なんでって……。俺今日バイト4時からだから」

「うそっ! 4時からって……ええぇ!?」


 さらに大里は、そこはかとなく動揺しているようだった。

 ますます彼女の体調が心配になる。


「なんだよその反応……。具合悪いなら正直に言えよ?」

「だ、だから別に具合なんて悪くないってば……!」

「そ、そうか……」


 大里はそう言っているが、俺からしてみればとてもそうは見えない。

 心なしか顔は赤いし、気持ちも少しふわふわしているように思える。

 そして何よりも、以前のようなとげとげしさが全く感じられない。


「てかあんたいいの? もう時間だけど」

「あっ……」


 大里に言われて思い出したが、俺はまだ学校の制服のままだった。

 時間はもう2分弱しか残されていないし、急がないと本当にやばい。


「はぁ……。遅れても知らないから」


 そう呟いた大里は、従業員控え室を後にした。


 彼女に一体何が起きてるのか。

 正直とても気になるところだが、今はそんなことを考えている場合じゃない。


「マジ……やばっ……」


 神速とも呼ぶべき速さで着替えを済ませた俺は、足早に店内へと向かったのだった。



 ——嫌——



 今日のシフトは4時から8時までの約4時間。

 初めこそ長いと思っていた1日の勤務時間も、今ではすっかりそう感じなくなってきていた。


「2360円になります」


 おぼつかなかったレジ打ちも、普通と呼べるくらいには上達し、他の従業員とあまり変わらないくらいには、できるようになったと思う。

 まあ当たり前と言えば、当たり前なのだが——。


「140円のお返しとレシートになります。ありがとうございました」


 お客さんの会計を担当した後は、食事後のテーブルの後片付けだ。

 あまり客足が多くないこの店でも、テーブルの後片付けはできるだけ迅速に行うように指示されている。


 店長曰く、いつまでもテーブルに食器が残されていると、他のお客さんからの印象が悪いんだとか。

 確かに従業員の対応は早いに越したことはないし、何よりテーブルが片されていないと少し見栄えが悪い。


「よしっ。こんなもんか」


 テーブルを片し終えた俺は、次いつお客さんが来てもいいように、万全の体制を整えてその場を後にした。


「10番テーブル片付け終わりました」

「はーい、お疲れ様ー。六月くんはそろそろ休憩に入っていいよー」

「わかりました。あとはお願いします」

「はーい、任せてー」


 厨房の店長に一言声をかけ、俺はここで休憩を取らせてもらうことにした。

 これもうちの店の方針で、どれだけ短い勤務時間でも、必ず一回は休憩を取らなければならないことになっている。


 しかもその休憩も、基本的には自分のタイミングで取れることになっているので、かなり融通ゆうずうの利いた決まりだなと俺はいつも感心しているのだが——。


「そう言えばあいつ、休憩取ったのかな」


 控え室の椅子に腰を下ろした俺は、ふとそんなことを考えていた。

 バイトが始まる前、心なしか少し様子がおかしかったようだし、あまり無理をするのは良くないだろう。

 それでもし倒れたりなんかしたら、元も子もない。


「次変わってやるか」


 そう思いつつ俺はケータイを取り出し、妹に連絡を入れようとした。


 その時だった——。


『ガラガラガッシャーン!!』


 突然店の方から大きな音が聞こえ、俺は文字を打ち込んでいた手を止めた。


「なんだ……?」


 ケータイをテーブルに置き、思わずその場を立ち上がる。

 かなり大きな音だったので、ただ事じゃないのは確かだ。


「行くか……」


 休憩中とは言えど、このままここでぼーっとしているわけにもいかない。

 そして何よりも、少しばかり嫌な予感がするのだ。


 ——大事じゃないといいが……。


 そう思いつつも俺は、控え室を飛び出し、音のした方へと向かった。


 すると——。


「大里さん!? 大丈夫かい!? 大里さん!?」


 そう声をかける店長が抱えていたのは、辛そうな表情で倒れている大里だった。かなり息も荒いようだし、一体何があったのだろう。


「どうしたんですか!?」

「ああー、六月くん……。今大里さんが食器を運んでる最中に倒れちゃって……」

「倒れたって……。大里は大丈夫なんですか?」

「んー、一応怪我とかはないみたいだけど……大事をとって休ませた方が良さそうだねー」


 確かに今の大里は、見ていて少し辛そうだ。

 ここは一度休憩室で横になった方がいいだろう。


 しかし——。


「店長……。もしかして大里は体調でも悪かったんでしょうか……」

「そうだねー……少し熱があるみたいだし、おそらくは風邪だろうねー」

「そうですか……」


 やはり大里はバイトが始まる前から体調が悪かったのだ。

 明らかに顔が火照ほてっていたし、様子も少し変だった。


 なのに俺は何もしなかった。

 ただ一言声をかけて心配したふりをしていただけだったのだ。


 ——無理にでも休ませれば……。


「——六月くん? 六月くん?」

「は、はい……!」

「大里さんを控え室に運んであげてくれるかな。あとのことは僕がやっておくから」

「で、でも……今日のバイトは俺たちしか……」

「大丈夫だよ。お店のことは店長に任せておけばいいのさー」


 すると店長は、余裕のある笑みを浮かべ、


「それに今はさほどお客さんも居ないから、きっとなんとかなるよ!」

 

 俺を励ますようにそう言った。

 その迷いのない言葉を聞いて、俺も少しばかり安心の気持ちが芽生える。


「それじゃー六月くん。大里さんをよろしくねー」

「わかりました」


 店長が抱えていた大里を預かり、俺は背中に背負うようにして持ち上げた。

 彼女には申し訳ないが、今はこうやって運ぶしかない。


「店長。あとはお願いします」

「うん。任せてー」


 そう呟いた俺は、控え室へと急ぐ。

 こうなってしまったからには、俺が責任を持って介護する。

 今の俺の中にはそれだけしかなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます