第18話 変化

 学校を飛び出した俺は、がむしゃらに公道を走った。

 息苦しさを忘れるくらいに走って、走って、走って。

 やがてバイト先のファミレスへと駆け込んだ。


 明るい店内を通り抜けて、真っ先に向かったのは店の厨房。

 今日も1人で料理を作っているであろう店長の元へ——。


「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……」

「ど、どうしたのー。そんなに慌ててー」

「はぁ、はぁ、はぁ……店長……」


 厨房へと駆け込んだ瞬間、忘れていた息苦しさが一気に襲いかかってくる。

 運動不足の現れだろうか。俺は思わず膝に手を置き、乱れた呼吸をそっと落ち着けた。


「はぁ、はぁ……」

「大丈夫ー? お水いるかい?」

「い、いえ……。もう……大丈夫です……」


 少し落ち着いたところで、俯けていた姿勢を起こす。

 すると目の前には、俺を心配気に見つめる店長の姿が——。


 ——もう逃げない。


 俺の中での意志は、すでに固まっていた。

 そしてそれは、自然と俺に過去を振り返る勇気を与えてくれていたのだ。


「そ、それよりも店長……。昨日は本当にすみませんでした!」

「え、ええー!? 急にどうしたのさー」

「俺は本当にバカでした。たった一回失敗したくらいで逃げ出して、お店にどれだけ迷惑かかるかも考えずに……本当にすみません」

「い、いいんだってそんなのー。それよりもほら、頭上げて上げてー」


 店長にそう促され、俺は下げていた頭を持ち上げた。


「六月くんはまだ新人さんなんだから、失敗するのは当然のことなんだよ。僕だって最初は失敗ばかりだったし、最初からうまくできる人なんてのはそうそうにいないんだ」

「そう……ですよね。それなのに俺、勝手に思い込んで……」

「それに君は昨日だって、十分一生懸命仕事してくれてたじゃないか。一生懸命仕事していたからこそ、一つのミスがとても重く感じられるんだ。君が思いつめちゃったのだって、お店のことを第一に考えてくれていたからじゃないのかい?」

「そ、それは……」


 店長のその問いに、俺は歯切れの悪い返事しか返せなかった。

 なぜなら、店長の言っていることに少なからず共感してしまったから。

 昨日の俺を見透かされているようで、うまく受け答えすることができなかったのだ。


「六月くん。君はとても優しい人間だ。でも、それゆえの繊細さも心のどこかに持ち合わせている。自分のせいで周りが変わることは確かに怖いことかもしれない。僕だってそうさ。もしこのお店が潰れちゃったらって考えると、夜も寝られなくなるよ。僕がもっと頑張ってたらーなんて、自分を責めちゃうかもしれない——」


 でもね——。


 すると店長は微笑んだ。

 優しく、暖かく、俺の心を包み込むように——。


「——それでもいいんだ。君はもう、僕たちの仲間なんだから」


 そしてこんなどうしようもない俺に、そんな優しい言葉をかけてくれた。

 それでもいいと。俺を仲間だと。そう言ってくれたのだ。


 心がポッと熱くなる。

 世界が少し明るくなったような、そんな感覚さえ覚えた。


 胸のうちからは自然と嬉しさが湧き上がってくる。

 そしてそれは、俺の嫌な思い出すらも塗りつぶしていくような気がした。


「当然これからも大変なことはあるよー? けどその時は、お店のみんなで乗り越えていけばいいからさ!」

「そうですね。その時はみんなで」

「うんうん。それにうちには頼りになる人がちゃんといるからねー」

「えっ?」


 すると店長は何やら含みのあるような表情になり、俺とは別の場所へと視線を移した。


「べ、別に私は頼れるとか、そういうんじゃないですから!」

「あははー。やっぱり大里さんも気になって来てたんだねー」

「ち、違います! 私はただ忘れ物を取りに来ただけで……!」


 驚いたことに、俺の背後から現れたのは、先ほど喝を入れてくれた大里美咲だったのだ。

 思わぬ事態に、上手く状況を飲み込めない。


「大里……何でお前が……」

「だ、だから……私は忘れ物を取りに来ただけだって!」

「ええー? 忘れ物なんて特になかったけどなー」


 店長が意地悪げにそう言うと、大里の頬は真っ赤に高揚した。


 ——もしかしてこいつ、俺のことを心配して?


 普段の彼女からは想像もできないことだ。

 しかし今の彼女の表情を見ると、それも満更でもないような気が——。


「もー! うるさいうるさい! とにかく私はこんな奴のことなんて何とも思ってないし! 別に心配もしてないし!」

「ちょ、ちょっとー、大里さーん! もう帰っちゃうのー?」

「帰ります!」


 そう一言吐き捨てた大里は、控え室に寄る素振りすら見せず、まっすぐ店の外へと向かった。


 ——忘れ物とりに来たんじゃねーのかよ。


 一体何をしにわざわざお店まで来たのか。

 考えてみても、彼女の思考はさっぱり読めなかった。


「あらあらー。大里さんも素直じゃないなー」


 ——素直じゃない?


「そういえば六月くん。荷物のことは大里さんから聞いてるー?」

「荷物ですか?」

「そうそうー。昨日控え室に置いたまま帰っちゃったでしょー?」

「ああ。そういえば」


 確かに俺は、昨日控え室に荷物を置きっぱなしにして帰ってしまった。

 学校の制服は家に代えがあったから良かったが、教科書やなんかは予備がないので、持ち帰らないと困る。


「本当は大里さんに持って行ってもらおうと思ったんだけどねー。彼女「次のシフトの時自分で持って帰らせればいいんです」なんて言って、結局そのままにしちゃったんだよー」

「大里が……ですか……?」

「そうそうー。本当素直じゃないよねー」


 ——あの大里が? 次のシフトの時自分で?


 ということはだ。

 俺がこの店のバイトを辞めないことを、大里は知っていたということになる。

 というよりかは、俺のことを信じてくれていた——?


 しかし大里は、俺のことをどうしようもないくらい嫌っているはず。

 俺があのままバイトを辞めてしまえば、彼女はむしろ喜ぶはずなのだ。


 ——じゃあなぜ大里は、嫌いな俺を引き止めるような真似をした?


 間違いなく俺は彼女の言葉によって救われた。

 それは紛れもない事実で、現に俺がこうしてここに立っていることが何よりの証拠。ギリギリのところで踏み止まれた証だ。


 ではなぜ俺にそこまでのことをしてくれたのだろう。

 人手不足だから? それともただの成り行きで?

 色々考えてみたが、それらしい理由は何一つ思い浮かばない。


 ただわかっていることは一つ。

 大里は俺のことを少なからず気にかけてくれた。

 その理由は何であれ、俺にとってはとても有り難いことだ。


 ——もう一度頑張ってみよう。


 彼女のおかげでそう思うことができた。

 

「それで六月くんはこの後どうするのー? もしよかったら働いていくー?」

「すみません、今日はもう帰ります。家で妹が待ってるので」 

「そっかー。それじゃ本格的なお仕事は明日からってことで!」

「はい。よろしくお願いします」

「うん。よろしくねー」


 俺は店長に一礼して、控え室に置き忘れた荷物を取りに向かった。

 その間にふと思い出してしまう昨日の記憶。そして後悔。

 どちらも忘れることができない、忌まわしき思い出だ。


 しかしその思い出を持ってしても、今ははっきりと言えることがある。

 それはきっと、自分の力だけでは手に入れることのできなかった感情で、これからの俺を作っていく上で、とても大切なカギになるのだと思う。


 ——ここなら何とか続けられそうだ。


 保証はどこにもないし、今後どうなるかなんて誰にもわからない。

 でも今の俺なら、心の底からそう思うことができた。



 ——嫌——



 時刻は午後7時を迎えようとしていた。


 今日は昨日に打って変わり、テーブルには俺の作った夕食が並んでいる。

 もちろんそれは当たり前のことで、本来ならば毎日がそうでなくてはならない。

 しかし、本格的にバイトが始まってしまえば、そう上手くもいかなくなる。


 すでに了承を得ているからとは言え、夏帆は今年受験生。

 そんな大事な時期の妹に家事を任せてしまうのは、少しばかり心苦しい。


 実際に昨日の夕食は、夏帆に作らせてしまったわけで。

 おまけにだらしない俺は、それをご馳走になる始末で——。


 ——本当ダメだな、俺は。


 つくづくそう感じてしまうのは、俺が本当にそうだからなのだろう。

 受験を控える妹を支える立場なはずなのに、俺はいつも夏帆に気を使わせてばかり。


 昨日だって夏帆は、落ち込んでいた俺に何も聞いては来なかった。

 俺の心を察して、気を使ってくれた証拠だ——。


「ごちそうさま」

「早いな。もういいのか?」

「うん。まだやること残ってるから」

「そうか。頑張れ」


 そう呟いた夏帆は、席を立ちリビングを後にしようとする。


 ——俺にも何かできることはないのか。


 小さなことでもなんでもいい。

 少しでも妹の力になってやりたい。


「頑張れ」なんて言葉は、今の夏帆には必要ない。

 それよりももっと、気持ちのこもった何か——。


「そ、そうだ夏帆」

「ん? 何?」

「カフェオレ、飲むか?」


 ずっと勉強していれば、いずれ眠気もやってくる。

 それに打ち勝つためには、やはり温かいカフェオレが一番だろう。


「うん。飲む」

「そうか。それじゃ、後で部屋に持ってくな」


 俺がそう告げると、夏帆はリビングのドアに手をかけた。

 おそらく以前の夏帆なら、今のような返事は返さなかったと思う。


 ——素直になったな。


「兄貴」

「ん?」


 すると夏帆は、何やらリビングの入り口で立ち止まっている。

 こちらを振り返る様子もないし、一体どうしたのだろう。


「どうかしたのか?」

「えっと……その……」

「んん?」


 さらには少し様子がおかしい。

 身体をもじもじさせ何かをためらっているような、そんな風にも見える。


 ——具合でも悪いのか?


「あり……あり……」

「あり?」

「あ、ありがと……!」


 そう一言吐き捨てて、夏帆は勢いよく2階へと駆け上がっていった。


 ——今『ありがと』って言ったのか?


 俄かには信じがたいことだ。

 あの当たりの強かった夏帆が、俺に自らありがとうと言うなんて。


 正直驚いた。驚きすぎて言葉が出なかった。

 最近少し素直になってきたとは思ったが、それでもここまでとは思ってもいなかった。


 自然と嬉しさが湧き上がってくる。

 嬉しくて嬉しくて嬉しくて。口がぽかんと空いているのが自分でもわかる。


「ああー、箸箸」


 床に転げ落ちていた箸に気づき、俺はすかさずそれを拾った。

 それくらい今の一言は、俺の心にズバッと刺さったのだ。


「しかし……あの夏帆が……」


 母さんをなくしてから、別人のように変わってしまった夏帆。

 そんな夏帆が、ようやく昔のような明るさを取り戻しつつある。

 それに気づけただけで、俺は自分のことのように喜ばしく思えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます