「い」

言えなかった愛しい子への言葉、言えたならば、慈しめたなら。

言われのない偽りの逸話でさえ、

幾千もの命の一切をかなぐり捨てて、

異郷の池で苛立ちをいだく。

いかなることでさえ、一瞬にして岩肌にいだかれる。

いつだったか、嫌だと泣いて怒りをいだいた愛し子は、わたしに否応を言わせないで、幾多の時を超え、命の意味を探していなくなった。

無花果が意図もなく糸に雁字搦め。

言えたらいいな、いっぱいの嫌味、いなくなった愛し子に。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます