八月の雪と満員電車

作者 井澤文明

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 「あ」へのコメント

    あいがあれば、
    曖昧模糊なあの子の愛想笑いさえも愛くるしい。

    作者からの返信

    会えない、曖昧糢糊なあの子の愛くるしい笑みも、案外悪くないかもしれない、あいさえあれば。

    2019年12月17日 20:04

  • 「い」へのコメント

    愛し子の、急ぎ足まで、愛おしい。

    作者からの返信

    一二の三で、勢いよく駆け出す愛し子も、愛おしいとな。

    2019年12月17日 19:32

  • 「う」へのコメント

    映した鏡、薄汚れた羽に、狼狽える。
    生まれた海辺に埋めるべきだった。

    作者からの返信

    海辺に埋められた、薄汚れた羽も、いつかは海でぷかぷか、浮くのだろうか。

    2019年12月17日 19:30

  • 「え」へのコメント

    映画館を出ればエトランゼ。
    嚥下されないN極とS極。

    作者からの返信

    描き出された反復するエレクトリックな演奏。
    栄光と永久とエトセトラ。

    2019年12月17日 19:29

  • 「お」へのコメント

    置き去りの日々を終わらせに行く。

    作者からの返信

    置き去りの思い出に思いを馳せながら。

    2019年12月17日 19:25

  • 秘密へのコメント

    秘密は知られないから、蜜であり、毒なのですよね。

  • 鳥と自由とねこへのコメント

    にゃんにゃん

    作者からの返信

    もぐもぐ

    2019年10月26日 14:53

  • 秘密主義へのコメント

    これ好き。

  • 連想ゲエムへのコメント

    刺さる。

    作者からの返信

    ぐさーっ。
    血がぶしゃーっ。

    2019年5月14日 21:31

  • 朱鷺色スモッグへのコメント

    うちの娘いわく、工場の煙突が煙を吐き出しているから空が出来て、雨が降って花が咲いて世界が回っていくのです。有害も無害もない世界に帰りたいですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    娘さん、独自の世界観を持っているんですね。
    工場の煙突から出る煙で空ができる......という部分が、現代社会の環境を反映しているとも受け取れますし、子供らしい、想像力に富んだ幻想的なアイディアにも見えます。ああ、有害と無害という概念のない世界へ戻りたいです......。

    2019年3月5日 12:15