第41話 二人きりの部屋

「……やっと……二人きりになれましたね……」



 少し憂いを帯びたリーティアの声。


 ここは、来客があった時なんかに使われる、応接室の様な部屋なんだろう。


 本来であれば、来客が入室する前に、侍女たちが明かり取り用の天窓を開放したり、燭台に火をともしたりと、部屋の照明を確保するんだろうけど、今回はリーティアが侍女達を締め出してしまったから、まだ室内は薄暗いままだ。


 リーティアは扉を背に、後ろ手で扉を押さえたままで、少し俯いてる。



「……皇子様が悪いのですよっ」



 少し拗ねた言い方で、急に俺を『悪者』にして来るリーティア。俺にはその真意が掴めない。



「あぁ、ごめん。ごめん。でも、どうしちゃったのリーティア」



 ちょっといつもと様子の違うリーティアに戸惑う俺。


 でも本当はわかってる。これはリーティアのちょっとした照れ隠しなんだね。



 ――少し意地悪してみようかな?



「あぁ、部屋が暗いね。窓でも開けようか」



 本当は、このままの方が良いんだけど……。ちょっとリーティアの反応を探ってみたくて。



「いっいえ。窓は開けないで下さい。……ちょっと……恥ずかしいので……」



 言葉の最後の方は、消え入る様に話すリーティア。


 室内は薄暗く、リーティアの表情を見る事は出来ないけど、彼女の息遣いは少し荒くなっている様に感じる。



 ――間違いない。リーティアも同じ気持ちなんだ……。



 ――ゴクッ。……俺は生唾を飲み込む。



 俺が中学生や高校生ならいざ知らず、もう齡二十一歳の大人だ。


 こういうシチュエーションになった時に、この後どうなるのか? ぐらいは十分わきまえているつもりさ。


 俺が、いったいどれだけの『その手』のラノベやアニメに投資したと思っているんだい?


 おそらく俺の知識量は、現在の世界の石油備蓄量と大差無いぐらいに、蓄積されている事だろう。


 しかも、毎時、毎秒、新しい油田が発見され、それらはすべてタンカーネット経由で俺の脳内に運ばれて、巨大なコンビナートを形成。現在も絶賛稼働中だ。


 しかし、そこで生成された石油は備蓄されるばかりで、どこにも外販する事が出来ないでいる。


 だが、ここに来て、とうとう『出荷先』が見つかったんだ。


 もう熟成に熟成を重ねた最高級品燃料だ。やろうと思えば、ロケットだって飛ばせるかもしれない。


 そんな大量の備蓄経験から判断すると、大体こう言う場合の『正義の味方系主人公』は、わざと場を白けさせる様な言動を行う場合が多い。


 ……いや、ほぼ『全て』と言っていいだろう。(情報元:俺の備蓄内調べ)



 俺に言わせれば、「はっは~ん? 何それ?」だ。


 もちろん、そうでもしないと、いきなり『あんな事』や『こんな事』をシテしまっては、あっと言う間に官能小説になってしまう。


 そんなもん、作者の都合であり、商業主義による事実の曲解に過ぎない。


 それはあたかも、オリンピックでのメイン競技が、大手スポンサーの意向に沿う形で、試合開始時間を変更されてしまう様に、本来のスポーツの大義名分や趣旨志向に反しているとしか言いようがない。


 だいたいなんで、陸上100m決勝をそんな真昼間にやるんだよ。


 ア〇リカのゴールデンタイム? 俺の知った事か! まぁ、チケット高すぎて買えなかったけどなっ!



 ……全く持ってけしからん。



 では現実ではどうするのか?


 そうさ。さっきも言ったけど、『据え膳食わぬは男の恥』


 きっちり頂くものは頂いてしまいましょう。世の中は、きっとそう言う風に出来ている。


 この期に及んで、自ら場の雰囲気を壊すヤツなんて絶対にいない。いる訳がない!


 それは、俺がいくら童貞だとしても、その程度の判断ぐらいは出来るさ!


 『作者』の意向? そんなもん知った事か! R15? 俺には関係無いね! 俺はここでヤル。絶対にヤル。それこそが現実であり、リアルだ。



「ヤレる男に俺はなる!」



「……はぃ? どうされました?」



 俺が「ワンピ〇ス」の有名な主人公の様に、突然『心の叫び』を口にしたのに驚いたのか、リーティアが思わず問いかけて来た。



 ――やべーやべー。折角の良い雰囲気がぶち壊しだぁ。


 うーん恐ろしい、作者の見えざる手によって、俺の人生がもて遊ばれる所だった。


 覚えておけよ『作者』ぁ。とてもR15で書けない様な事してやるからなぁ。げへへへへ。


 俺はそんなテンプレに負けたりしない。……きっちり仕事、務めさせていただきます!



「……あぁ、うん。なんでもないよ」


「それより、リーティア……こっちにおいで」



 おいおいおい! 俺がこんな事言う時が訪れようとは予想だにして無かったなぁ。


 美少女に向かって『こっちにおいで』だって。ぷぷー。俺どうしちゃったんだろう?


 いやいや、焦るな、俺。ここは大人である俺がリードするんだ。


 彼女に恥をかかせるなんてあり得ない。大人の男性をイメージして、エスコートするんだ。


 俺ならやれる。俺ならできる!……海賊王に俺は……ってこのくだりはもう良っか。


 そうして俺は、作者の見えざる手を振りほどき、リーティアを招き寄せたんだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます