第二話 友人

 梅雨の時期が終わりを迎え、夏が差し迫る七月の終盤。

 大学ではテスト期間が始まろうとしていた。

 今までろくに勉強などせずにサークルに明け暮れていた連中も、部活に精を出していた者も一気に図書館に雪崩込み、入り浸るようになる。パソコンを使ってレポートを作成する者、試験範囲を必死になって勉強する者。参考資料を求めて図書館中を旅する者。


 葉月も例外なく、その中の一人であった。

 閑散とする図書館に活気が戻る瞬間がテスト期間だなんて、皮肉よね。などと隣人の小言をチクチクと受けながら、泣き言を喚きつつパソコンを打ち続ける葉月。


「はぁ……どうしてこんなにレポートが出ているんだ。ふざけてるんじゃねぇぞ」

 などと重たい溜息を漏らしながら口走っていると、もっと前からやっておけばよかったじゃないのね。などと皮肉とも嫌味ともとられかねない、正論が黒川桐絵の口から飛び込んでくる。

 桐絵は葉月のレポートを手伝い、自分の勉強を一人でペースを乱さずに淡々とこなしている。

 肩に掛かる黒髪を後ろで一つ結びにして、ゆったりとした黒字に赤い刺繍ししゅうのなされたワンピースと、如何にも近寄り難い格好をしている。勿論、桐絵に近づく者は誰であろうと、ナイフよりも切れ味の鋭いその口上でぼろ雑巾のようにされるのがオチなので最早、誰も近寄ろうとしない。唯一、葉月陵を除いては。


 さすが優等生は違うなぁ。

 葉月はそんな事を横目で思いながら感心しつつ、桐絵も口元が緩み葉月との交友関係を楽しんでいた。

 お互い素直になれなくても、ただ友人としてそばにいられればよかった。


 そんな黒川桐絵の訃報が葉月の耳に飛び込んできたのは、夏休み真っ只中の八月十三日。とても暑く、葉月にとって酷く疲れ切った日のことであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る