第6話ナースの幽霊

 先の話のマンションでもう一つ怖い場所がある。

 それは3畳の窓のない部屋だ。

 私が住んでたマンションは角部屋じゃなかった為、どうしても窓のない部屋ができてしまう。

 それは仕方ないとしても3畳は何に使っていいのかわからない狭さ。

 その部屋は台所に面していて台所に向かって立った場合左手に親と末妹の寝室があった。

 どっちも襖で仕切られている。


 ある朝、朝食を作っていると(親は作らない)末妹(園児)が私に声をかけてきた。


「姉ちゃん、あの怖い部屋ね、ナースがいるよ」


 ナース!?なんかいるとは思ってたけどナース!?

 聞き返してみても末妹は懸命にナースだったと説明をする。


 末妹曰く「白いナース服を着ていた」「頭の上にナースのアレを被ってた」「閉めてたはずの襖が開いてて怖いんだから開けるなよとイラっとした」

 そして怖いから今夜は一緒に寝てほしいという。

 すぐ下の妹も一人で子供部屋で寝るのは嫌だからと言うので姉妹3人でその夜は寝ることにした。

 親はあんまり帰ってこない父とかなり遅い時間しか帰ってこない母だったので寝る場所を勝手に変えても問題なかった。


 そしてその夜。

 例の3畳間との仕切り襖がスッと15cm程開いた。

 末妹は興奮気味にこっちを見て言う。


「ね!ナース!いたでしょ!」

「ちょっ声大きいから!」


 時間は深夜だ。近所迷惑にならないように末妹を注意した。

 そこにすぐ下の妹がちょっと考えてこう言った。


「あんた、今朝白いナース服っていったじゃん?今日のはピンクじゃない?」


 その言葉に3人でナースの方を見る。


「ピンクだね」

「うん。ピンクだ」

「あとお姉ちゃんはとても気になってるんだけどさ。あのナースのスカート短すぎじゃない?」

「あー短いね」

「足に自信があるのかなぁ」


 こんな会話をコソコソしていたら、ナースがゆっくりこちらを向いた。

 顔は真っ黒で見えなかった。


「あー顔見えないのかぁ。私絶対美人系だと思ったのに」

 とすぐ下の妹。

「いや、スタイルがいいからって美人とは限らない。私は可愛い系を希望する」

 と私。

「家にナースいるなら病気になっても病院行かなくていいね!」

 と末妹。


 ナースの幽霊はこのやり取りに呆れたのかスゥっと消えて、そして二度と現れなかった。


 ちなみにこの末妹、大人になった今ではそれっぽい者を見ると鼻で笑う人間に育ってしまった。


「フッ(鼻笑)ヤバイわー怖いわーマジでマジで」


 もう幽霊が可愛そうだからやめたげてよぅ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます