少女は死ぬまで生きるようです。

作者 夜野はみがき

23

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

文章に癖がなくて読みやすく、また話もスムーズに進むので飽きずにラストまで進んだ。
おそらくこの作品を大きな声で苦手と言える人は少ないはず。
物語の内容も序盤中盤の高まった期待を、ラストで上手く収めた感じがある。全編を通じて、非の打ち所のないと思える。
強いて言うなら、スパイス、つまり読者を刺激するダイナミックな描写加えるのもアリかもしれない。しかし、それはそれで雰囲気を破壊しかねないので、やはり作者さんの思うように書いてほしい

偉そうなことを言って申し訳ございません。
楽しく読めました
ありがとうございました

★★★ Excellent!!!

このレビューを見ている方のうち、本当に死のうと思ったことがある方がどのくらいいるかは分かりません。
ですが、一度でも本気で死についてを考えたことがある方は、たぶん「死ぬまでは生きることにする」というコンセプトに、すごく実感が湧くと思います。

軽やかな口調で、生きる楽しさを説く死神。
この矛盾した存在が、読者にどう問いかけてくれるのか。
また、生きることに虚しさを抱えた主人公が、どう答えを見つけていくのか。

短いながら、胸をえぐるような名言がいくつも埋め込まれた、良作でした。