「田中が施設を出て行った後、俺は、後を追いかけたんだ。でも、何処に向かったか検討がつかなくて、走り周ってた。周辺を走っても、中々居なかった。体力が限界に達するギリギリの時に、『コスモス畑の公園に行ってきた』って言っていた事を思い出したんだ。それで、地震で倒れた案内板を頼りに向かったんだ」


 この連なる言葉セリフの続きは、幼き相木の記憶の一部。


「桃子ちゃん、どこ行ったんだ……!」

 何度も浅い呼吸を繰り返し、相木は、ぶら下がった青い看板と、倒れた矢印の看板を目印にあの公園へと向かった。瓦礫が転がり、目の前を塞ぐ。しかし、それに躊躇している暇は一切ない。手足を器用に使い、腕に擦過傷が付いても、包帯で巻くことをせず、ひたすら前へ進んだ。

 コスモス畑の公園の入口の前の道路に桃子は、横たわっていた。何度も肩を揺らし、声を掛けても応答しなかった。魂が抜けた人形のような軽い体を背負い、耳にかかる僅かな吐息を感じながら相木は、施設に帰った。

 施設に戻り、仮の玄関に入る時には、既に体はクタクタだった。先生が集まり、桃子と相木を寝室に運び、

「どうしたの⁉︎ こんなに怪我して!」

「よく帰って来たね」

 と声を掛けてくれたが、布団に入れば、それら遠くなり、意識が薄れていく。先生達が、ゆっくり休んでね、と部屋を出た。相木は、隣で寝ている桃子の顔が見えるように寝がえりをした。そんなことより、桃子の方が心配だった。ふと、こう呟く。

「心臓弱いくせに」

 相木は、知っていた。桃子は、心臓に負担を掛けてはいけないこと。その病気が母親を苦しめている事に本人には、幼いながらも気付いていたこと。幼い頃から、相木とは腹を割って話せる関係だった。


 翌日、夜が更けて、真っ黒なキャンバスに数粒の星が飾られる。こんな時間になっても桃子は、目を覚まさなかった。あれからもう、約一日経つのに、目が覚めないということは、何かの病気になったのかと、相木は時計の針を目で追いながらそう思った。前日と同じように、桃子は相木の隣で寝ていた。死んだ様にビクともしない。少しだけ突いてみようと、いたずら心が相木に降る。頬をちょんちょんと指で押してみる。相変わらず目が覚めない。もう一度、頬を突いてみる。目が覚めない。よし、もっとやろう。相木は、調子に乗って頬を押す。少し奥に突くと、弾力があって柔らかい。連続で突いてみる。んっ、目を強く閉じる。と相木が見た限り初めて桃子が動いた。相木が手を引く時、目が覚めた。

「桃子ちゃん、目、覚めたんだね!」

 半開きに開いた目が虚ろだった。力無く、よろよろと体を起こし、ふらっと揺れながら立ち上がる。

「桃子ちゃん?」

 相木は、顔を上げて、桃子の横顔を眺める。無機物の様にぬるくゆっくりと首を横に曲げる。開眼した白と黒のオッドアイ。綺麗な茶色の目が、今まで見たことが無い色に変わっていた。これは、もう桃子ではない、と相木は悟った。

「桃子ちゃん!」

 何度も振り向き、名前を呼ぶ。目を覚まして、早く。明らかに違う人格であるが、真逆、自分の存在を敵だと認知されるなんて、思ってもみなかった。相木は、施設内を駆け回る。一室だけドアが開いていたので、そこに入ることにした。直ぐにドアを閉めて、冷たい板にに背を付ける。拍動が速まる。肩を上下させ、冷たい酸素を肺胞に送り届ける。冷や汗が皮膚を湿らせていたから、体力の消費が著しいのだろう。

 ドンドンドンッ! ドアを容赦なく殴る。七歳児とは思えない程の強さ。今にもドアが壊れそうだ。このままでは、確実に殴られる。何か打開策を考えないと。まずは、防御出来る武器。相木は、足元に何があるか探る。地震で散らばった本がフローリングの模様替えを済まさせた。右足の小指側に分厚い辞書。それを取り、背筋を伸ばす。いつでも壊れていいように構える。

 バンッと最後の一撃で背に衝撃が当たる。開きドアの向きのドアに隠れ、桃子、いや、オッドアイの少女実験台が前進する。首を回して辺りを観察する。今しかない。その瞬間、口が「アイゼンルフト」と勝手に呟いた。空気が体を取り込み、足を加速させる。その速さに乗り、本の角で首の裏を殴る。もう一発、そう思ったが、「あ゛ぁッ!」と唸る声が桃子が傷付けた罪悪感が襲う。傷付けてしまった、と一瞬戸惑うが、本を捨て、走り始めた。夜の施設を抜けて、外へ出る。まだ瓦礫が残っているが、体が勝手に空気の層を作り、足を加速させていく。後ろを振り返る余裕はない。しかし、自然と息が切れない。更に、いつもより速く走れている。これなら、逃れられるかもしれない。余裕が仇となる事を知らない。後ろを振り返った、その時。


 少女実験台は、背後に迫っていた。


「ごめん」

 そう、言った。しかし、伸ばした手が蔓を伸ばし、鋭く左首を切る。血が肩を伝う。

 桃子が掌で目を押さえ、指で額を掴む。片方の白色の目は鋭く、眉を寄せ、苦しんでいる事が分かった。

「桃子ちゃん、どうしたの」

「私、何を、し、たのッ」アッと吐くと、膝を降る。その時。

「ああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

 殺伐、いや、悲痛な叫びが外周を包む。痛みと、葛藤、そして、本来の自己に戻りたい欲望だったと、後に少女は言う。つまり、暴走状態から元の人格に戻す代わりに、壮絶な痛みと戦っていたのだ。すると、桃子は、背を逸らし、雄叫びを上げた。語尾になるにつれ徐々に、声は掠れててゆく。そして、引っ張った糸が一瞬で途切れてしまうかのように、顎を上げ、ゆらりと地面に横たわった。

「桃子ちゃん!」

 涙と鼻水でぐちゃぐちゃになった相木が側に駆け付ける。

 体を上半身のみ起こし、片腕で背中側の両肩を支え、もう片方で肩を揺らした。体が酷く冷たく、ぐったりと力が入っていないことが皮膚に伝わる。

「ごめ、ん、日比野、くん……」

 まだ微かに白色が残る目の色の瞳孔には、相木の泣き顔が映る。こんなに泣かなくていいのに、と桃子は呟いたつもりだったが、相木には掠れ声として鼓膜に届いていた。何を言ったか聞き取る相木。

「私は、大丈夫、だ、から」

 左の黒と化した目がズキズキと痛む。痛みが脳に侵食していく。やがて、自分の人格を奪ってしまうのだろうか、と桃子は、直感でそう思った。残りわずかな体力で、相木に縋ろうとする。腕を伸ばし、相木の肩に腕を巻く。泣いているからだろうか、相木の体温はとても暖かく、身にしみる。相木の左側の首の横に顎を乗せると、顔にべったりとした何かが顔に付く。相木が背中に指先を付けたことを確認して、桃子は、意識を手放した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます