NG ver森での戦い

「アリアさんって、バカなんですか?」


「……は」


「バカですよね? めっちゃ大バカですよね!? だって、自分を犠牲にしてみんな助けたって、そんなの、何の意味もないですからね!?」


「いや」


「それに、アリアさんが戻ってきてないって分かったら、国民のおよそ99.9%はここに来ますからね。洗剤の除菌率と同じくらいの割合で来ますからね。ほんとですよ!

 それだけ、アリアさんはこの国に必要な人なんですよ!」


「…………」


「とにかく、僕はひきずってでも、あなたをお屋敷まで連れていきますから! ヘタレの決意ってこわいんですよ?! 普段決意しないから、その決意ってめっちゃちゅよ…………あああああっ! ごめんなさぁぁぁい!!!」


「はーい。カットしまーす!」



 噛んだ……大事なところで噛んだ……うわぁぁぁ!



「途中まではいい感じだったのにねぇ」


「エマさんが本番前にプレッシャーかけたからですよね!? 『ここー、撮り直し大変よー』って!」


「本当のこと! でしょ?」


「ま、まぁそうですけど……」


「……なぁウタ」


「なんですかもう」


「この血糊、甘いぞ」


「いや知りませんよ!」


「どれどれー?」


「エヴァンさんも舐めにいかないで!」



 エヴァンさんはテーブルの上に乗っている血糊をペロッとなめて、ハッとした。



「これは……イチゴ味だ!」


「どうでもいいわ!」


「はーい、撮り直すよー!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます