年長者の憂鬱

「あれ? 彰人さんそれ……スマホ、ですか?」



 ある日、いきなり彰人さんがスマホデビューしてました。

 魔法で大体のことを解決できるのにスマホなんて……と思うかもしれないが、通信手段とかもろもろでとっても役立つのだ!


 で、昨日までガラケーだった彰人さんがスマホになってた。



「おー! いいだろ! これ!」


「あ、あれだろ? らくらくスマートフォンってやつ」


「そうだよそうだよ! アリアちゃんはよく知ってるなぁ。俺らみたいなじじいにはこれが丁度よくてなぁ」


「ふーん」



 僕がなんとなく画面を覗きこんでいると、彰人さんが僕にスマホを差し出してきた。



「羽汰、」


「……はい?」


「セットアップってどうやるんだ?」


「そこから!?」


「いやー、電源を入れたはいいんだけどなぁ、文字が小さすぎて読めないっ!」


「らくらくスマホなのに!」


「頼む! やってくれ!」


「えー……」


「あとで飯おごってやるから、な?」


「じゃあ、はい。わかりました」



 そして、僕は言語設定やらなんやらをこなして、どうにかこうにか使えるようにした。



「アカウントってガラケーのやつでとっちゃっていいですか?」


「あかうんと?」


「とっちゃいますね……はい、これで使えると思いますよ。手始めに、僕にメールしてみたらどうですか?」


「おお! ありがとうなぁ」



 彰人さんは僕からスマホを受け取り、



「メールって、どれだ?」


「これです、この右のやつ」


「おお!」



 そして、メール画面を開き、



「お前のメアド教えてくれるか?」


「yamagihara-uta@ueki.hachiですよ」


「えっと、やなぎはら……な、羽汰」


「はい?」


「文字、どう打つんだ?」


「ご飯にデザート追加でお願いします」


「はっはっは! 偉いなぁそういう流行りものをうまく使えてなぁ」


「彰人さん使えてませんよ!? あと、エヴァンさんこそまだ40代なんですから使えるようにしてください!」


「ん?」



 スマホ講座は、終わりそうにありません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます