NG ver喫茶五月雨にて

「はいよ! 玉子サンドおまち!」


「はやっ!」


「へへ。早さとうまさが売りなもんでな。まぁ食ってみぃ、うまいからよ」



 食パンにだし巻き玉子を挟んだだけのような素朴な玉子サンド。お皿に並んだ三つのうち、ひとつを手に取り口に運ぶ。



「うんっ?!」


「……ん?」


「んんんんんーーーーっ!」


「え、ちょ、なに!? カットカット! どうしたのウタくん!」



 僕はダッシュで自分の水筒を手に取ると、ぐびぐびと水を飲んだ。



「かっらい!」


「またまたぁ」



 そう言ってアリアさんもそれを食べる。



「からっ?!」


「んー? そんなに辛いのか?」



 次から次へと玉子サンドが減っていき、その度に悲鳴が上がる。な、なんなんだこれ……。



「あっ!」


「どうした作者!」


「出汁がジュノン特製激辛スープに変わってる!」


「なんで!?」


「知らん!」


「とりあえずさっさと作り直すぞー!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます