悪夢をあげる

「あら、どうしたのボウヤ? そんなに走ると危ないわよ?」


 それはなんというか、一目惚れに近かった。


 絹糸のようになめらかな小豆色の髪。


 宝石のように紅い切れ長の猫目。


 インナーもスカートも薄手のコートも全部が黒で統一された、クールでセクシーな、当時の大人へのイメージそのもので。


 それに、ミルクのような、焼きたてのお菓子のような、とても甘い匂いもしてて……


「…………」


 思わず見惚れてしまった。


 そんな場合じゃないのに、頭のなかが全部、この人のことで埋め尽くされて……


「どうしたの?」


 目線をあわせるように屈んできた。


 屈んだせいで、その、豊満な胸が目の前にきて……


「お姉さんのおっぱいがそんなに気になる?」


「はい! え、あ、ちが、ご、ごめんなさい!」 


 つい口走ってしまったけれど、お姉さんは優しげに微笑んで、


「さわってみる?」


「いいんですか!? あ、いや、ちが、ご、ごめんなさい……じゃなくて、そう、お、おねえさん!」


「なぁに?」


「まひろくんをたすけてください!」


「マヒロくん?」


「はい!」


「んー、子どものお願いか……」


「だ、ダメですか?」


「ああ、ごめんなさい。お姉さんこれからお仕事する予定だったから、できるかどうか考えてたの」


「で、できますか?」


「そうね。いいわよ。試してみましょ。お姉さん子どもには優しいの」


「ほんとですか!?」


「ほんとほんと。で? そのマヒロくんはどこにいるのかしら」


「あっちです!」


 いま思い返しても大胆なことをしたと思う。


 俺は見ず知らずのお姉さんの手を引いて、真尋のもとへ駆けつけた。


 その惨状を見て、お姉さんが目を開く。


「あら、これはこれは。ずいぶんと大変なことになってるわねぇ」


「た、たいへん……」


「ああ、だいじょうぶよ心配しないで。お姉さんなら助けられるから。そもそも半分あたしのせいだし」


 それがどういう意味なのか。


 その頃の俺にも、いまの俺にもわからない。


 でも、助けられると聞いて、俺は安心したように息を吐いた。


「あ、そうだ。ボウヤ、あなたのお名前教えてくれる?」


「ぼ、ぼくは……あ、しらないひとになまえおしえちゃダメだっていわれてて……」


「教えてもらえないと、マヒロくんを助けられないわよ?」


「ええ!? じゃあおしえます! だからまひろくんを!」


「はいはい。助けるからはやく教えて」


「ゆうた、です。まるやま、ゆうた」


「ユウタくんね。で、フルネームがマルヤマ……いえ、ユウタ=マルヤマだったかしら? まぁいいか。あたしがわかればいいんだし。それじゃあユウタくん。お姉さんと約束できる?」


「やくそく?」


「そう。約束。マヒロくんは助けてあげる。だけどその代わり、ユウタくんには悪夢をあげる」


「あくむ?」


「ふふ。そう怖がらなくていいわ。悪夢って言っても、それをどう扱うかはあなた次第だもの」


 お姉さんがわらう。


 妖艶とはこの人のためにある言葉だろう。


 いまならそう思ってしまうような、子どもには刺激が強すぎるほどに、魅力的で、蠱惑的な表情で。


 それに俺は、なすすべもなく、吸い込まれるように身を任せて、


「いたッ!?」


 首筋に噛みつかれた。


 それで意識が現実に引き戻され、


「ふふ。やっぱり子どもは新鮮でいいわねぇ」


 首筋にかかる吐息がむず痒くて、暖かくて、いけないことのようにゾクリとした。


 また意識が、心が、お姉さんに吸い寄せられる。


 痛みすらも、甘い痺れに変わっていく。


 すこしすると、お姉さんは首から離れた。


 口元を拭い、さっきよりも元気な声音で、


「さって~、エネルギー充填完了! けど仕事残ってるし、簡略形でいくわよ~。《ディアボロ・ブレス》!」


 瞬間、赤黒い炎がお姉さんの手のひらに生まれる。


 拳大のそれは、射出されるように勢いよく飛んでいき……


「あ、爆発させちゃマズイわよね」


 くるんと、お姉さんが指をまわす。


 それに従うように、炎が動きを変えた。


 炎は細く、糸のように伸びてバケモノに絡みつく。


 そして、


「《シャルア=マリスの名のもとに……中略! 穢れし堕ちた心情よ……ああもうめんどくさいから封印えい!》」


 なんというかいろいろ残念な感じだったけど、それでバケモノは動きを止めた。


 助かった。


 助けられた。


 俺は安堵してため息をつき、


「おねえさん、たすけてくれてありがとう」


「んー、そう言ってもらえるのは嬉しいけど、これは一時しのぎというか、ちょっと封印しただけなのよね~」


「ふういん?」


「そう。お姉さん、子どもには優しいの。だから、子どものあいだは、世界が平和なあいだは護ってあげる。けど、その先は……ふふ、たのしみね」


 またゾクリとした。


 けどそれは、さっきのとはすこし違う。


 どう違うのかはうまく説明できないけれど、決定的なナニカが違った。


 お姉さんとはそれきりで、俺はいつもの日々に戻った。


 でも、その日から真尋は変わった。


 オバケがみえると言いだした。


 あの黒い塊を指差して。


 俺の……いや、俺以外の塊を、みえると言い始めた。


 はじめのうちはみんな面白がっていたけど、時が経つにつれて、だんだんと扱いが変わってきた。


 いじめられるようになってきた。


 正直に話しているのに。


 素直に教えているのに。


 なのに嘘つき呼ばわりされて。


 異端者扱いされて。


 俺のせいで、真尋が傷ついていく。


 輝きが消えていく。


 地獄だった。


 俺のせいだと言おうとすれば、突然心臓を鷲掴みされたかのように胸が苦しくなり。


 なにひとつ、あのときのことを伝えるすべはない。


 真尋自身の記憶もない。


 これが、悪夢なんだと思った。


 なんて意地悪な人なんだと思った。


 けど、違った。


 これはまだまだ序の口だ。


 だって、俺たちはまだ、子どもなんだから。


 あの人の言うことが正しければ、俺の、あるいは、真尋の命は、きっと……


 それは嫌だった。


 それだけは嫌だった。


 だから、下ネタに走った。


 下ネタを言っていれば女子から嫌われる。


 すくなくとも距離は置ける。


 結果、俺たちははまだ彼女いない歴イコール年齢だ。


 大人になるのはずっと先だ。


 いまのところうまくいっている……と、そう思っていたのに。


 どうしてこうなった。


 どこから間違えた。


 俺はいったい、どうすれば……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る