ダビデに恋して

星都ハナス

第1話 はじめに

 私の愛読書の1つ。

それはあのホテルに泊まると、もれなく見つける聖書。日本人にはあまりなじみがない。


 けれど、生活にちょいちょい顔を出す。

アダムとイブがリンゴを食べてからで始まるあのフニフニフニフニの歌。

 はい、すでに登場人物、ふたり。


あの有名なイエスキリスト。もちろんメイン。


旧約聖書、新約聖書合わせるとかなりの数。


 ミケランジェロもダヴィンチも聖書を題材に芸術にして名を残す。お宝の山だからだ。


 [豚に真珠] [目からうろこ] こんな言葉も聖書をもとにしている。


 あなた、アスペですか?サイコですか?

もしかして統合失調症ですか?と疑うような登場人物がいて驚きます。

 

 何人殺しましたか?王権争いですか?策略結婚ですか?親殺し、子殺し当たり前の歴史。

 神様が殺人命じてます。

 

 愛を説いている書物と思い込んで読んだら、

深い。深すぎる。それこそ目からうろこ。


 こんな魅力的な人達をほっておけない。

 

 独断と偏見で書き留めます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます