主人「おのれこのクソ奴隷がぁ!」奴隷少女「ああ、お許し下さいご主人様!」

作者 上屋

209

76人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ノリよし、テンポよし、面白い!
読み終わりたくないので、しばらく読むのを我慢して一気読み。また我慢して一気読みを繰り返しています。
ネタが尽きないし、どんなネタでも面白い! 夜に読むのが好きでしたが、昼に読むのも楽しいですね。
※ずっと前から読んでいたのに、レビューをまだ書いていなかったと今さら気付いた!

★★★ Excellent!!!

もう面白すぎです。

企画で、『酷評OK』みたいなところから見てみたのですけど……。
これ、酷評する人います?
いませんって。
出来ませんって。
無理です。

面白すぎて、笑うことしか出来ませんて。

なんかしんみり来たら、結局笑って。
なんかほっこり来たら、やっぱり笑って。

もう自然とニヤニヤが止まらない……ッ!?

ぜひ、読んでみてください。
ページをスライドする手が止まらなくなりますから。

★★ Very Good!!

よくこれだけ多くの話を生み出せたものだと感心した。基本フォーマットががっちり固まっていれば、後はもうどんどんエピソードが湧き出てくるということだろうか。ネジが何本も抜けたような会話の応酬、その物量に圧倒されること必至だ。私も読んでいて何度も噴き出した。この作者は息切れを知らないのだろうか?? これだけ話数を重ねながら失速をまるで見せないのは見事と言う他ない。それ以外にも、単純にハチャメチャ・スラップスティックコメディとしても楽しいことこの上ない。おすすめです。

★★★ Excellent!!!

なんかこう、断片を切り出したような小説なのですが、それが面白濃度を高めていてつい笑います。
それに、行間の使い方がとてもうまい。『作者が読者に全てを説明する義務はない』という名言がありますが、それを体感する感じ? いきなり行間すっ飛ばして終わりにいっちゃったりするのですが、そこで何があったのかなーって想像させられる。強制画像補完と言いますか、この勝手に想像してよ感が最高です。
始め方が毎回同じ、お約束感も堪らない。
軽いのでちょっと気晴らしに読むのにオススメ、ぜひブックマークしておきましょう。
あなたの人生が明るくなります。