第2話 俺♂外伝

 ドゥルンドゥルン。男は剃刀を振り上げた。


「いゃぁんんんん」


 真は桃色声をあげる。

 ぷるん。金玉が揺れる。下着という拘束が解かれ玉は自由を取り戻す。

 警察官の制服は切り刻まれ、全裸となったのだ。


「はぅ見られている。本官の本官が女学生に見られているッ!!」


 股間に血液が集まり出す。

 ゆらり。幽鬼のようにペニスが持ち上がる。

 ペリペリペリペリ。先端を覆う皮がゆっくりと捲れ、中から鬼頭が現れた。


『ふんっ、久しぶりに童の封印が解かれたと思ったら、付喪神の雑魚が現れおったか』


 つまらなさそうに、股間に生える角を生やした童子の少女は「にぃいいいいい」と口角をVの字にして笑った。


「ほ、本官の本官が幼女ぉおおおおおお!?」


 気が動転した警察官は、立派にそそり立つペニスを真に見せつける。


「見せなくていいから。見せないでいいから」


 真は両手で顔を隠すが、指の隙間からしっかりと目視する。


「おまわり(ちんこ)さん! 危ない!」


 チェーンソーの付喪神に取りつかれた男が襲い掛かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます