後編

そんなことが3か月も続いたころ・・・


またいつものように、

「まだアレあります?」

「アレと申されますと?」

「アレよ『天国への階段』よ。」

「えぇ、それならまだございます。」

と、お決まりになったやり取りの後、

「で?おいくらか決まりまして?」

この日は幾分押しが強い様子。

店主もそれを察したようで、

「え、えぇ・・・あの商品は・・・。」

少々言いにくい様子。

「ハッキリなさいっ」

強気に出る婦人にためらいを隠せず、

「・・・お客様には、お売り致しかねますが・・・。」

「売れない!?」

「はい、申し訳ありません。」

「私には売れないと!?」

「・・・はい。」

「分かっているとは思うけど、お金ならあるのよ。」

「ぃえ、そういう問題ではなく・・・。」

渋々と、

「・・・お客様には、まだ早いかと・・・。」

「私には早い!?」

「・・・はい。」


婦人には訳がわからない。

お金で買えないものがあるとは思えない。

「まだ早い」とはどういうことなのか。

自分はこの店の常連で、幾度となく高額な買い物をしてきているというのに。

それでも「売れない」ものがあるのか。


困惑しきりの婦人を見かねた店主は、しばし黙った後。

「・・・覚悟は、おありですか?」

重々しく一言。

「覚悟?」

「はい・・・。」

店主をじっと見る婦人。

「・・・確かに、この商品で天国に行くことはできます。」

「やはり行けるのねっ!」

「えぇ、行くには行けるのですが・・・。」

「何ですの!?もったいつけずにおっしゃいなさい。」

「・・・ですが、」

「おっしゃいなさいっ!」

店主は覚悟を決めたようだ。

「・・・かしこまりました。」

「えぇ。」

「・・・こちらの商品は、お代は頂きません。」

「え・・・?いらない?」


「こちらの商品は、あなたのお命と引き換えにございます。」



数日後、

「いやぁ、遅かったかぁ。」

店の奥から紳士の声が聞こえる。

「残念だなぁ、妻の誕生日に是非にと思っていたんだがなぁ。」

たいそう残念そうにしている。

彼が見ているファイルのページには『売約済み』の札が差さっている。


そこには『天国への階段』とある。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

天国への階段 八木 健太郎 @Ken-Yagi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ