天国への階段

八木 健太郎

前編

ここは何処とは言えないが、とある街にある商店。

名前はとりあえず『よろづや』とでもしておこう。


ここへ来れば、消しゴムからヘリコプターまで何でも揃ってはいるのだが、特別繁盛している様子もなく、なんとも不思議な空気を漂わせていた。


この店の奥には、他から隔離された「VIP」スペースがあり、時折見るからに大金持ちな人々が訪れ・・・


「まぁっ・・・」

中から貴婦人の声が聞こえる。

「コレ、売れてしまいましたの!?」

商品のファイルを見ているようだ。


『土星の土地4000エーカー』とある。


「えぇ、つい2日程前に・・・。」

「そう、残念ねぇ、やっと主人を説得してまいりましたのに・・・。」

と、さほど残念そうでもなく目を落としている。

このページには『売却済み』の札が差してあった。

「まぁ、仕方ありませんわね。」

と、パラパラとファイルをめくりだした。

すると、あるページで手が止まった。

「おやっ、これは何ですの?」


そこには『天国への階段』とある。


「天国への、階段・・・?」

「あぁ、そちらの商品でございますか。」

「何ですの?」

「その名の通りのものでございます。」

「こちらで天国への道が約束される、ということかしら?」

「・・・そう捉えていただいても構いません。」

煮え切らない反応と、

「それにコレはどういうことかしら?」

この店には珍しく『時価』とある。

「えぇ、コチラはまだ入荷したばかりでして・・・。」

「値段はまだ決まっていないと?」

「えぇ、決めかねております。」

「そう・・・。」

と、またパラパラとファイルをめくりだした。

店主も黙ってそれを見ている。


しばらくして、

「また来ますわ。」

ファイルを閉じてしまった。

気になったものは他にはないようだ。

「またお待ちしております。」

店主はいつも通り穏やかに見送った。


どうやらこの婦人はかなり気になっているらしく、3日と空けずにやって来てはこの『天国への階段』が売れていないことと『時価』であることを確認していた。


そんなことが3か月も続いたころ・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る