第182話この意なんの意5


「じゃね」


 アリスが、手を振った。


「またウィータを誘う口実、見つけて会いに来る!」


 そりゃ物騒なことで。


「そろそろ夕餉ですね」


 時間も、いい頃合い。


 オドからログアウトする。


 二重統合人格。


 少し脳が揺れた。


 一種の自分酔いか?


「雉ちゃん」


「はいアシストオフ」


 すり抜け量子だった。


 場所は、我が家のリビング。


 立体映像は、アシスト無しに、現実に適用されない。


「何か用?」


「愛してる!」


「さよなら~」


「投射器オフにしないで~!」


「じゃあ馬鹿なことはやめてね?」


「馬鹿じゃないもん……」


 その反応は可愛い。


 口にはしてやらないけど。


「既に恋人いるから」


「なんでよー!」


「ロマンスの神様に聞いてください」


「私と付き合った方が得だ……って」


「神託の誤宣は宗教裁判モノだよ?」


「神は心に宿るのよ?」


 人工知能が神を崇拝するな、との意見だけど。


 クオリアを持てば、話は別か。


「厄介なモノを作ったなぁ」


「ひど!」


 量子が、ピーと泣く。


「あう」


 秋子まで、げんなりした。


「春雉。め!」


 一本指立てて、責める夏美だった。


「夏美以外に興味ないし」


「ちゃんと秋子ちゃんと量子ちゃんに向き合って」


「えー」


「何でイヤそうなの?」


「女性として見られないというか」


「ひど!」


「ひどっ」


 またもや幼馴染みが、ピーと泣く。


「ほら、秋子ちゃんはおっぱい大きいし……」


 夏美が秋子を……どう捉えているか?


 よくわかる御言の葉だった。


「量子ちゃんは国民的アイドルだよ」


 だから付き合えないだろ。


 よっぽど言ってやりたかったけど、


「そんな優しい夏美がしゅき!」


 ギュッと抱きしめる。


「あうあうあ~」


 愛に流され溺れてしまえ。


「可愛いなぁ可愛いなぁ」


 頬をスリスリ。


「助けてー!」


 ムホホホ!


「雉ちゃん!」


「雉ちゃん!」


「はい。何でしょう?」


「エッチはダメ」


「まぁね」


 それくらいわかってる。


 夏美を抱くのは、まだ後だ。


「セクハラもダメ!」


「電子法には抵触しておりませなんだ」


「夏美ちゃんが困ってる」


「そうなの」


「あう……」


 赤面。


 紅潮。


 そして、プシューと、脳天から湯気を立ちのぼらせていた。


「可愛い」


 鯖折り気味に、抱きしめる。


「タップ、タップ」


 パンパンと、背中を叩かれる。


「うーん、デリシャス」


 そして解放する。


「で、何の話だったっけ?」


「だから秋子ちゃんと量子ちゃんを……」


「あー! あー! あー! 夏美ー! 愛してる! おまえに夢中だー! 夏美ー!」


「そういえばそのネタも私が教えたね」


 然りでござんす。


「いいんだけどさ」


 拗ねるような。


 照れるような。


 焦るようで、諦めるような。


 そんな祝福。


「でも幼馴染みが可哀想って言うか」


「主にキミのせいでね?」


「あぐ……」


 夏美が愛らしいのも責任問題。


「量子も夕餉食べる?」


「これからまた仕事」


 国民的アイドルも大変だ。


 検挙じたいは、並行しているのだろうけども。


「預言してあげましょうか」


「カモン」


「夏美ちゃんと一緒にお風呂入るでしょ?」


 正解。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます