第177話光と影を抱きしめながら6


「電子犯罪ダメ! 絶対!」


 バキューン、と、量子が指鉄砲を撃つ。


 テレビの中だ。


 正確には映像投射器。


 世論沸騰。


 日本激震。


 警察の制服を着てテレビに出る量子は、あらゆる意味で人気が出た。


 二次ェクトは禁止なんだけど。


 いままで警察が行なっていた電子犯罪の検挙。


 それらを上回る演算と監視で、量子は日本を支配した。


 当然、背後には日本政府がいるので、テレビにニュース、雑誌に広告……ありとあらゆるところで、大日本量子ちゃんは見受けられる。


 エリマキトカゲね。


 あるいはウーパールーパーか。


 昨今珍しい……黒髪の電子アイドルでもあり、


「日本には量子有りき」


 とまで、グラビアで、題打たれた。


 無念。


 とにもかくにも。


「ふぅ」


 防衛省のスパコンで、超演算を行なう量子は、ハンパではなく、警察力の届かない領域まで、犯罪検挙をやってのける。


 新たに出てくる合法ドラッグを解析して、違法でなくとも、その場で違法にしてしまう能力は、ある意味で一種のファシストだろ。


「量子ちゃん、凄いね」


 これで日本も穏やかになるだろう。


 電子犯罪者のご飯代が、税金から出ることを無視すれば。


「雉ちゃんも凄い」


 ありがとさん。


 今日は、ぶり大根だった。


 家で夕餉を取る。


 紺青秋子どのは、甲斐甲斐しい女の子でした。


 第二の幼馴染みだ。


「美味しい?」


「超美味い」


 グッ、と、サムズアップ。


「よかった」


 良かれ良かれ。


 そこに、


「きーじちゃん!」


 黒髪ツインテールが現われる。


 大日本量子ちゃんだ。


 アシストを使って、頬をスリスリ。




 ――スキャンダール!




 ゴッドアイシステムに見つかったら、明日の朝刊に載る。


「うへへぇ。しゅき」


「光栄だ」


「量子ちゃん、お仕事は?」


「してるよ?」


 まぁデータ処理はね。


 知能そのものは、防衛省のスパコン由来だ。


 問題はクオリアにある。


 要するに自我が一つなのだから、


「アバターを動かす演算が一つしかない」


 という、電子アイドルには、奇矯な特性を持つ。


 電子犯罪への抑止力の片手間に、日本政府は量子を猛プッシュした。


 そりゃ当たる。


 たまに記者クラブにまで出たりして。


 政治家の不正献金。


 富豪の脱税。


 若者の電子ドラッグ。


 その他、諸々。


 合わせて、犯罪者には、住みにくい世の中。


 その筋では、結構恨まれているとのこと。


 閑話休題。


 そんなわけで、犯罪検挙の演算は別として、大日本量子はコピペが出来ないので、スケジュールを抑えるのが最も困難な電子アイドルと相成った。


 ネットでも噂されている。


「実は大日本量子ちゃんは、並列演算で仕事を入れない」


 と。


 多分、政府のステマ。


 でもアイドルとしては強みだ。


 単なる電子アイドルなら、埋もれるだけだろうけど、大日本量子ちゃんに限り、スケジュール管理が、ブランド商売と相成る。


 僕には関係ないけどね。


「雉ちゃん!」


「なぁに?」


「一緒にお風呂入ろ?」


 頭沸いてんのか。


 少し懸念も覚える。


「いいじゃん」


「秋子と一緒に入りなさい」


「雉ちゃんがいい!」


「却下で」


 さっくり破却。


 ぶっちゃけ、そんなつもりはケほども無い。


「雉ちゃん……」


 今度は、秋子が、不安げな顔になった。


「何もしないって」


「本当に?」


 僕と僕は、まったく重なって、同じ結論を出した。


『二重統合人格』


 とでもいうのか。


 双子システム。


 同一であるからコクピットが、二つ有っても矛盾しない。


 それもそれで何だかな。


「雉ちゃん雉ちゃん愛してるよー」


「電子犯罪を犯しても?」


「雉ちゃんなら見逃す」


 クオリア持ちの監視システムなので、そういったフレキシブルも性能には加えられる。


「いーのかなー?」


「はて?」


「南無」


 これって……考えたら負けってヤツじゃね?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます