第160話零と一の間の初恋1


「ぐしゅぐしゅ……」


 秋子は、泣きじゃくっていた。


 原因は僕。


 中学生になりたての春頃。


 桜も散ってしまい、中間テストが目の前の時系列。


 とりあえず利き腕じゃなくて良かった。


 何がかって?


 骨折。


 元がVRオタクですので、現実では、もやしっ子だ。


 体の動きを操る能力には長けるけど、それに肉体能力が付いてこない。


 結果、体育の時間に無理をして、腕を骨折。


 近場の医大付属病院に連れて行かれた。


 秋子も、ソレに付き合った。


 秋子は、僕に心を仮託しているので、僕がちょっとでも傷を負えば、それだけで秋子が涙するには必要十分条件だ。


「はいはい。泣かない泣かない」


 僕は利き腕で、秋子の頭を撫でる。


 とりあえず、投薬と骨の固定と痛み止めで、様子見となった。


 全世界を見れば、今日も何処かでデビルマン……じゃなくて今日も何処かで骨折した人が、多数いるだろう。


 そういう広い視野を持てば、僕の骨折程度で、滅ぶ世界では無い。


「ぐしゅぐしゅ」


 秋子は、泣き止まなかった。


「雉ちゃん痛い?」


「痛み止め打って貰ったから平気だよ」


 ポンポン、と、軽く秋子の頭を叩いて、安心させる。


「でも日常に支障をきたすよね?」


「そりゃまぁ」


 でも心配はしてない。


「雉ちゃんのフォローは私がするから」


「頼りにしてるよ」


 苦笑した。


 とはいえ、有り難い申し出を、袖にする余裕も無い。


 片腕を封じられれば、食事はともあれ、風呂が問題だ。


 ちなみにVRゲームに影響しない。


 そのため、たまにヴァーチャルリアリティは、リハビリに使われる事もある。


 運動認識を、脳にさせるための訓練だ。


 基本的に、筋肉は電気信号に反応するだけだから、ヴァーチャルリアリティは、結構有意義なツールとなる。


 閑話休題。


「食事も私が食べさせてあげるね?」


「それは自分で出来ます」


 わくわく顔の秋子の提案を、すげなく却下。


 とかく僕の役に立ちたい、という気質で、秋子は溢れている。


 ワンコに懐かれた気分だ。


 これで女子だったら言う事無いんだけど……。


 まぁ宿業について言えば、僕も五十歩百歩なので、秋子にだけケチをつけるのは、あきらかに間違ってはいるんだけどねん。


 ともあれ、


「シャワーで体洗うの手伝ってくれる?」


「うん!」


 朗らかな笑顔と共に、頷いてくれた。


 感性は女の子だけど、僕的に言えば、


「男の娘」


 という観念だ。


 その道の人たちには、垂涎の的なんだろうけど、


「何だかなぁ」


 が僕の感想。


 別段、同性愛に何かしらの感情を覚えるほどでも無いけど、自身には遠い認識である。


 それからサクサクと、必要事項を終えて、お金を払い、外に出る。


 春の終わりを感じさせる、まろやかな日差し。


 まろやかかどうか、この際置いといて、


「こっちが近いよ」


 という秋子に連れられて、広い中庭に出た。


 ベンチが複数置いてあり、日当たりも良く、観葉植物もよく手入れがされている。


「へぇ」


 と唸った。


 無論、公爵の屋敷ほどではないけど、観賞するに値する風景だ。


 主に爺婆じじばばがベンチに座って、寿命を数えていたけど、そんな中で一つのATフィールドを見た。


 女の子だ。


 それも容姿が、あり得ないレベルの。


 黒髪黒眼の日本人的な少女には違いないけど、パーツの組み方があり得ない。


 絶妙な左右対称で、静謐な彫像を思わせる。


 黒い髪はセミロングで、ツインテールにしている。


 肌は日本人にしては白い方で、桃色の唇が花を添えている。


 着ている服は、入院患者様のソレだ。


 ベンチに座って、本を読んでいた。


 そっちに近づいていく。


「…………」


 向こうも、こっちに気づいたのか、本から顔を上げてくれた。


 視線が交錯する。


 なんでもない僕の瞳が、黒真珠にも例えられる、女の子の瞳に映る。


 合わせ鏡のように連鎖する、視線の交わり。


「あー……」


 近づいたは良いけど、特にコミュニケーションについては、思考から欠如していた。


「何か用ですか?」


 丁寧な口調で、女の子は問うた。


「あー……」


 再度繰り返し。


「ふむ」


 と唸って女子を見やり、一つの結論に辿り着いた。


「僕と付き合ってください」


「……………………は?」


 女子は、ポカンとした。


 それが僕の初恋だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます