第117話届くあなたに贈る歌6


 そして満漢全席を堪能した僕と夏美は、以前にも縁のある庭園を、縁側から眺めていた。


 あの時は、傷心中の夏美を慰めるために連れて来たのだけど、今回は夏美からの提案だ。


「相も変わらず綺麗な景色ですね」


 四季折々の花が咲く、左右対称の庭園は、言葉に出来ない美しさだ。


 データ上のものとはいえ、シミュレーテッドリアリティと思えば、有難さは目減りしない。


 さて、


「で、何の用?」


 僕は縁側に座っていて……そのすぐ隣に座っている夏美に声をかけた。


「ここですよね……」


 何が?


「原点が」


 はて?


「春雉は、ここで私を慰めてくれました」


「フォローしただけだよ」


「うん。だから嬉しかった」


「恐悦至極」


「私の苦しみを受け入れてくれた」


「まぁそんな場合もあるさ」


「私の不満を叩きつけても受け入れてくれた」


「まぁそんな案件もあるさ」


「私の不条理を受け入れてくれた」


「まぁそんな状況もあるさ」


「よっ……と」


 夏美は縁側から、庭園に降りた。


 僕の視界の中で、ドレスを華やかせて、夏美は庭園の中を踊る。


 歌と共に。


「私の想いは一方通行で、口ずさむのは届かないあなたに贈る歌。さあクラシックを奏でよう。イッツソングオブトラジックラブ」


『届かないあなたに贈る歌』


 大日本量子ちゃんのニューシングル。


 それを口ずさみながら、夏美は踊る。


 風が吹く。


 花弁が舞い散る。


 無論プリマは夏美。


 風に舞う花弁が、それを彩る。


「春雉?」


 何でがしょ?


「春雉は優しいですね」


「そんな自覚はあらしまへんがなぁ」


 ポリポリと人差し指で頬を掻く。


「春雉は私のことどう思っていますか?」


「可愛い女の子」


 即答。


 迷いも無く。


 ま、迷う必要も無いのだけど。


「光栄ですね」


「ならよかったよ」


 苦笑した。


 夏美は花を摘んで、僕に差し出す。


 ハイビスカスだ。


 受け取ろうとする僕の手を、


「……っ!」


 当然のように掴んで、自身へと引っ張る夏美。


 そして、


「「…………」」


 引っ張られた僕と、引っ張った夏美の、その唇がランデブー。


 つまりキスをしていた。


 一秒、二秒、三秒。


 そしてキスは終わる。


「私の勝手だってわかっています」


 夏美は悔恨の表情で、そう言った。


「でも春雉には知っていてほしかった」


 何を?


「私が春雉を好きだということを」


 フラグ……立てちゃったか。


 わかっていたことではある。


「ごめんなさい。困らせることを言ってしまって……」


「なんで僕が困るの?」


「だって春雉は秋子ちゃんと良い仲でしょう? 少なくとも秋子ちゃんの方からは」


「ああ。それで二の足を。馬鹿だなぁ」


 簡潔に納得する。


「え?」


 夏美はポカンとした。


「だって春雉と秋子ちゃんはいつも一緒にいるし。ご飯だって秋子ちゃんが作ってるんでしょ?」


 前にも言った気がするけど、だからって男女交際しているかは別問題だと思ふ。


「じゃあ春雉にとって秋子ちゃんって何?」


「都合の良い幼馴染」


「本当に付き合っていないの?」


「さっきそう言うた」


 そして受け取ったハイビスカスを夏美の髪に沿えると、腕を掴んで引き寄せ、僕はギュッと夏美を抱き締めた。


「両想いだね。嬉しいよ」


「だって……秋子ちゃんに量子ちゃんが……」


「僕は夏美が好きなんだ。届くあなたに贈る歌……だね」


「嘘……っ」


 僕は抱きしめた夏美に、キスをした。


 それもディープな奴を。


 夏美は唖然とする。


「春雉は……私が好き……?」


「そう言ったよ」


「秋子ちゃんでも量子ちゃんでもなく……?」


「そう言ったよ」


「でも私は……まな板で、ペチャパイで、ペッタンコで、スットントンで……」


「胸に貴賤は無いよ」


「私は春雉を好きでいいの?」


「少なくとも僕は夏美が好きだ」


「いつ好きになったの?」


「君の瞳から、透き通った涙が、こぼれた時」


 あの時、思った。


 この子は純粋だ……と。


「でも……そしたら今度は秋子ちゃんが泣くよ?」


 秋子を異性と捉えることは、僕には難しかったりして。


 そう云うと、今度は、夏美がキスをしてきた。


「夢みたい……っ!」


 こっちのセリフだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます