第114話届くあなたに贈る歌3


「いいよいいよ~。髪かき上げて~。うん。いい感じ。笑って笑って」


 カメラマンさんが、的確に指示を出して、被写体がそれに応える。


 健全さと際どさが……ヒフティヒフティの水着を、被写体は着ている。


 ぶっちゃけビキニ。


 時間は昼。


 場所はハワイ。


 ただしグラビア撮影のため、今ここにいるのはスタッフさんたちとマネージャーと……それから僕と秋子と被写体だけ。


 だいたい予想はつくだろうけど、被写体は大日本量子ちゃんです、はい。


 セブンスガールという若者向け雑誌の巻頭グラビアに量子が選ばれた、とそういうわけ。


 ちなみに量子が仮想体である以上、いま僕たちがいるハワイは、厳密に言わなくともハワイではない。


 セカンドアースのハワイなら量子も行けるけど、この時期のセカンドアースのハワイは、地球人類の多くが集まるため、グラビア撮影には向いていない。


 じゃあ何処かと云えば、ハワイとは名ばかりの、日本のとあるサーバに新規に構築された疑似ハワイである。


 僕ら関係者以外だーれもいない。


 正確には、僕と秋子は、関係者とは少しずれるのだけど。


 そんなわけで、


「ハワイで仕事することになったから、仕事終わったら一緒に遊ぼ?」


 と僕と秋子はゲストとして呼ばれ、疑似太陽がさんさんじりじりと肌を焼く中、波に揺られていた。


 僕は水に浮かぶマットの上で『人間失格』を読んでいた。


 ちなみに水着は無難な短パンもの。


 柄はハワイらしい、目に痛い配色だ。


 秋子は花柄ビキニ、パレオ付き。


 豊満な乳房が、強調されてやまないけど、仮想現実であるため、この程度はどうとでもなる。


 とは言っても現実の秋子も、アバターに負けず劣らず大きいんですけど。


 ご褒美ですね。


 誰にとってとは、そりゃ言わずもがな。


「雉ちゃん」


 リング状の浮き輪を、腰のあたりに巻いて、バタ足で僕に迫ってくる秋子。


「泳ごうよ」


「めんどい」


 快刀乱麻。


 いや、一刀両断が正確か。


「なんのためにハワイに来たの?」


「泳ぐためでないのは確かだね」


 そもそも論で語るならハワイですらない。


 疑似ハワイだ。


 サーバは日本国内に有るし、設計したのも日本人のエンジニア。


 さらにツッコめば、車が車道の左側を走っている。


 無念。


「一緒に遊ぼうよ~」


「泳ぐの苦手なんです」


「溺れても死なないじゃん」


 そう云う問題でしょうか。


 言ってることの正当性は、わかるけど。


「私が泳ぎ方教えてあげる」


「いや、水に顔を付けるくらいは出来ますよ?」


「そこから!?」


「冗談」


 ペラリと『人間失格』のページをめくる。


「クロールは苦手だけど平泳ぎなら二十五メートルくらい完泳出来ます」


「だよね」


「問題はソレに体力が追いつかないことだね」


 もやしっ子の宿業だ。


「だからこそ此処でなら、いっぱい泳げるでしょ?」


「さもあらばあれ」


 しょうがないなぁ。


「では」


 僕は『人間失格』をフェードアウトさせ、水中に身を置いた。


 ちなみに量子は、汀で波と戯れながら、カメラのフラッシュを一身に浴びている。


 元より体つきが良いため、水着が映えると云うものだ。


「きーじーちゃん?」


「何でっしゃろ?」


「量子ちゃんのこと見てた」


「それが何か?」


「私の水着の感想を聞いてない」


「似合ってるよ」


 即答。


「そう?」


 紅潮する秋子。


 誠意なく言ったつもりだけど、満更でもないらしい。


「雉ちゃんもかっこいいよ?」


「まぁアバターですけん」


 白髪赤眼のアルビノ。


 さらに中肉中背の細マッチョ。


 いいでしょ。


 仮想空間でくらい見栄はっても。


 現実と比べてしまって、時折悲しくはなるけども。


「スキューバダイビングしようよ!」


「まぁ良かですばってん」


 そんなわけで(電子世界ではあれども)スキューバを背負って、僕と秋子は水中探検をすることにした。


 現実世界とは違い、水中でも意思疎通が出来るため、コンタクトには事欠かない。


 色とりどりの魚たちを追いかけたり、サンゴを観賞したり。


 こういうところはハワイらしい。


 スキューバの酸素供給は無尽蔵であるため、幾らでも水中に潜っていられる。


 こういう時、電子世界は便利だ。


「雉ちゃん雉ちゃん」


「あいあい」


「サンゴ持って帰れないかな?」


 データ上のサンゴの何に、価値を見出したの?


 言ってやらないけど。


 ちなみにサンゴって虫でありながら、二酸化炭素を吸収するらしいですね。


 何でも、現状サンゴの保有する全二酸化炭素を地上に開放すれば、地球温暖化が急加速する程度には。


 まぁ、また、そもそも論になるけど、地球温暖化はプロパガンダに過ぎないんですけども。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます