第91話あなたは太陽の様で4


「ん~……」


 コーヒーを飲む。


 眠気覚ましだ。


 ちなみに、僕の学習机と、夏美の学習机は、ドッキング済み。


 そして僕らの前には昼食が。


 夏美は、ごく一般的な『お弁当』と呼ばれるお弁当。


 僕と秋子は、重箱だった。


 とは言っても二段の。


 一段目は、多彩なおにぎり。


 二段目は、いわゆる『幕の内』的なおかず。


 それも、秋子にかかれば、高クオリティと化す。


 つくづく僕にはもったいない。


「雉ちゃん。コーヒーのおかわりは?」


「もらう」


 ええ。


 甘えてるのは、百も承知です。


 流されてるのも、百も承知です。


 でもさぁ。


 でもねぇ。


「秋子の好意を無下に出来ない」


 って云うと、責任転嫁だろうか?


 ですね当然。


 かといって、突き放すことをしない……かつ出来ないのも事実で。


 結局、甘えて流されているのだろう。


 このコーヒー然り。


 昼食の弁当然り。


「きっといつかは」


 そんな声が、聞こえてくる。


 その声に耳を閉じて、


「…………」


 ズズ、と、コーヒーを飲む僕だった。


 そしてある程度、胃袋を刺激した後、


「いただきます」


 と昼食を手にかける。


 物騒な方向に間違えた。


 昼食に手をかける……が正しい。


 相も変わらず、完成された味だ。


 常々ながら、秋子の器用さには、舌をまく。


「どう? 雉ちゃん」


「九十点」


「そっか」


「秋子ちゃんは完璧超人ですね」


 僕と秋子と、共に机を囲んでいる夏美が言う。


「いえいえ。そんな大層なものじゃないよ?」


 謙遜は、この際皮肉だ。


「可愛いし……」


「夏美ちゃんも可愛いよ?」


「おっぱい大きいし……」


「女性の価値はそれだけじゃないよ?」


「料理上手だし……」


「いまだ修行中の身だよ?」


「同じ女子として羨ましい」


 率直な夏美の言葉に、


「…………」


 秋子の表情に、影が差す。


「秋子ちゃんは……」


 更に持ち上げようとする夏美の言葉を、


「はいそこまで」


 僕はシャットする。


 それは、秋子にとって、喉の小骨だ。


 チクチクと苛む、後ろめたさ。


 色々あるんだよ。


 人にはさ。


 ここで言うべき事柄でもないから、黙ってはいるけど、


「あんまり褒められても恐縮するしかないから止めて」


 偽悪者くらいには、なってもいいだろう。


「む……?」


 と口を噤む夏美。


「ありがと雉ちゃん……」


「まぁ僕に原因があるんだけどね」


 ツーカー。


「?」


 一人夏美が首を傾げていた。


 知ったこっちゃござんせんが。


 さてさて、昼食を再開しよう。


「うまうま」


 とおにぎりを頬張る。


 中からは、イクラが零れ落ちた。


「…………」


 なんつー贅沢な。


「あ、当たりを引きました?」


 悪戯っぽく、秋子が笑う。


 その笑顔……八十六点。


「なんでイクラ?」


「少しは雉ちゃんに還元しないとって両親が」


「おじさんとおばさんか……」


「家族ぐるみの付き合いなの?」


 最後のは夏美。


「僕と秋子は幼馴染」


 もう一つ言うと、量子とも幼馴染。


 そっちは、不都合が生じるから、言わないけど。


「気にしないでって言ってるのに……」


「気にしないでって言ってるのに……」


 僕の不満に、秋子が異口同音に慰める。


 ……全く……僕は秋子に支配されてるなぁ。


 家でも奉仕され、学校でも常に一緒。


 もはや言い訳の余地もない。


 そんなこんなで、気持ちを切り替えて、昼食を再開する僕。


 業の深さは、言われるまでもない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます