綴る手を伸ばして

作者 沢木圭

45

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

相手の言っていることが気づいた頃には手遅れになる呼び掛けのような焦燥感を維持し続けるのに傷つけられた容姿の願望しか出てこない。世間があんなにも愚鈍さを装い人の痛みを受け流そうと必死になり得るいたずら心に人格がわからなくならないのか。確かにそこには完璧と言っていいような守秘義務のわからなさが酔いたくなる雰囲気と共に滞在しているのだろう。テストはいつでも近いのに遅刻している眠気の居場所は会話のなかに忍び込んでいる罠のように複雑だ。だがそれを好きという告白に集約すると臆病という意味に思いやりの暗闇が嘘という正当化された真実として召喚されるだけなのはどうしてなのか。抜粋された断片だけを読み込もうとすれば関係は終わり感想は壊れる人間だ。そうだとしても終わりを迎えてさえいないすれ違いに決着をつけるのは感想を書く程度の存在ではあり得ないだろう。