第20話 おもちゃの指輪

 毎年やる輪投げの屋台でかっちゃんがうきうきしている。

「今年はぜったいにゆいになんかとってやるぞ〜」

 横のかっちゃんが近くて恥ずかしくて。

「いいよ〜。だっていつも……あんまり可愛いのが…?」

 あっ!

「かっちゃん。私。あれがいい」

 私がそっと輪投げの景品を指差すとかっちゃんが笑った。

「あれなら余裕でとれそう」

 ニコォッと私に笑顔を見せてから、かっちゃんが真剣な顔になった。

 えっ?

 えっ?

 かっちゃんは可愛いのに

 かっちゃんが格好いい。


 かっちゃんが真剣な顔で

 私の指差したおもちゃの指輪を

 じいっと

 輪投げの輪っかで狙っている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます