それでも僕は『豚』でありたい。

作者 新月 明