六文銭の十本刀/1

 翌日の昼下がり。――上田城、本丸。


 霧隠才蔵きりがくれさいぞうは主君、真田幸村さなだゆきむらに呼び出され、謁見の間にやってきた。

「才蔵、参りました」

 ひざまずき、呼びかける。

「入れ」

 障子の向こうから主の声が聞こえた。

「失礼します」

 才蔵は主の前に座し、頭を下げる。

「楽にしてくれ」

 そうもいかない。

 相手は友人である前に、仕えるべき主君だ。礼節はわきまえなければならない。――体でそう語る才蔵に幸村は肩をすくめた。

「今日は家臣としてではなく、友として聞いてくれ」

 才蔵は頭を上げた。眼前に座す十八歳の若き主君は、黒みがかった栗色の髪を持ち、目鼻立ちがよく、凛々しい若武者そのものだ。だが橙色の瞳は優しさを湛えており、柔和な印象さえ与える。


(……おや?)


 ふと気づく。主君のそばにあるべきものがない。

「幸村さま。いつも、あなたの傍にいるはいずこに?」

「お前……。補佐すべき頭領に向かってはないだろう」

「失礼いたしました」

 才蔵は詫びを入れ、切り出した。

「――して、私を呼び出したのは?」

「その頭領のことで相談したいことがあるんだ」

 才蔵は肩をすくめる。その表情は「またか」と言わんばかりだ。


「――海野翁うんのおうからですか」


「ちがう」

 意外だ。他に考えつくのは海野の孫娘、かえでだが、彼女は佐助と顔を合わせるたびに、きっちり口げんかをするので却下。となると、彼女の弟である小六ころくか。もしくは、他の勇士たちとも考えたが、どれも可能性は低い。

(もしや、これは本当にただならぬことなのでは……!)

 才蔵の顔に緊張が走った。そんな矢先、幸村が言い放つ。


「――佐助がおかしいんだ」


 才蔵は目を瞬かせた。

「……は?」

「だから、佐助がおかしいんだ」

 幸村はもう一度言った。今度は力強く。

 拍子抜けする才蔵。やがて、その肩が激しく震え始めた。

「……なにを言い出すかと思えば、ばかばかしい」

「さ、才蔵?」

 恐怖する幸村を才蔵は鋭くにらみつけた。紫電しでん双眸そうぼうからは怒りが迸っている。

「おかしいだらけですよ! あの猫は!」

「ね、猫?」


「そうですよ! 頭領らしい仕事はしない! 飯を食ったらごろごろ! 起きている間は、あなたにべたべた! これを猫と言わずになんと申しますか! いっそのこと『猫飛ねことび』に改名すればいいんですよ! どこが『猿飛さるとび』ですか!」


「お、お前の言い分はわかった。と、とりあえず落ち着け。な?」

 もう、そのぐらいで……といさめる幸村。だが止まる気配は微塵もない。拍子抜けした分だけ、よけいに。また日頃の鬱憤うっぷんもあるのだろう。才蔵はここぞとばかりにまくし立てる。


「だいたいですね! 海野翁がいくら注意しても態度は改めないどころか、今では右から左へ聞き流す始末! 豚に真珠! 猫に小判! 馬の耳に念仏ですよ! そもそも幸村さま! あなたがあいつに甘すぎるのも原因のひとつです!」


 才蔵は怒りに身を任せ、すべてをぶちまけた。幸村は相槌を打つだけ。胸に針を刺されていくかのような痛みに、ただと耐える。


 それから数分、ぜえぜえと才蔵の息が上がった。


 さすがに怒りはおさまってきただろう。

 おそるおそる、幸村は尋ねた。

「……気はすんだか?」

「は、はい。お見苦しいところをお見せして申し訳ありません」

 才蔵は息を整えようとする。茶が欲しいと思っていたら、

「はい。どうぞ」

 明るい声とともに、頃合いよく茶が差し出された。

「あ、ありがとうございます」

 才蔵は差し出された湯のみをかっさらい、一気に飲み干した。ひと息つく。

「すみません。もう一杯――」

 途端、湯のみが手から離れた。それは瞬時に、茶を差し出した片手に受け止められた。


「あっぶないなぁ。さいちゃん」


 緋色あけいろの長い髪と幸村と同じ色の瞳。底抜けの明るさを含んだ口調で才蔵を『さいちゃん』と呼ぶ、幼い顔立ちをした小柄な青年――幸村に仕える勇士たちの頭領が、そこにいた。

「さ、佐助! お前、いつの間に……!」

 才蔵だけでなく幸村も佐助の出現に驚く。

「ここを通りかかったら、さいちゃんがすんごく怒っているんだもん。怒った後は喉が渇くと思ってさ。お茶を淹れてきてあげたの。――おれ、えらいでしょ」

 若さま褒めて褒めて、と言わんばかりの佐助に幸村は苦笑するしかない。対して、才蔵は佐助を冷静に観察していた。別段おかしいと感じることはない。普段どおりだ。主君の思い過ごしではないか、そう思っていた矢先のこと。

「ねえ~、さいちゃん」

 佐助の上目遣いと猫なで声に、うすら寒いものを感じた才蔵は、つい身構える。

「な、なんですか?」

「おれがさいちゃんに押しつけた仕事ってどれくらいあるの~?」

「しょ、書面がざっと二百枚ほど……」


「そっか。それなら、おれがやるよ」


「えっ……?」

 意外な申し出に面くらう才蔵。

 本来なら「あなたの仕事ですよ!」と怒鳴るところであるが……できなかった。

「だって。それ、おれの仕事でしょ? だったら、おれがやらなきゃ」

 ますます目を剥いた。

 思わず「なにか悪いものでも食べたんですか?」、「頭でも打ちましたか?」と間抜けな質問を投げかけそうになったが、と呑み込んだ。そのかわり、こう返す。


「……い、いいんですか?」


「うん!」

「わ、わかりました。私の物書き机の上にありますから、持っていってください」

「おれ、がんばるよ。――じゃあね。若さま、さいちゃん」

 思い立ったが吉日のごとく、鼻歌を歌いながら出て行く佐助。それを茫然と見送る才蔵。しばらくして、ようやく正気に返ったのか、幸村に真顔で言った。


「……幸村さま。たしかに佐助はおかしいです」


「なっ、おかしいだろ」

 そらみろ、と言わんばかりの幸村。

 佐助が自ら仕事を申し出ることもそうだが、幸村を二の次にするなどありえない! 才蔵の怒鳴り声を聞いて考えを改めたのかもしれないが、佐助に限ってそれはない。別人が佐助に化けたとも考えられるが、佐助はああ見えて、五遁ごとん(特に得意なのは火遁かとんである)を操り、俊敏さも併せ持つ有能な忍なのだ。そもそも「あんな脳天気な忍を真似できるものならやってみろ!」と言いたくなる。そうなると、やはり佐助が『おかしい』ということになるのだが――。

「そもそも幸村さま。幸村さまは、なにゆえ佐助が『おかしい』とお思いに?」

「……うん」

 幸村の表情が曇る。

「実は、気になることを耳にしてな」

「なんです?」


望月もちづきが報告してきた。昨夜、旧臣楼周辺で浪人の死体が見つかったそうだ」


 才蔵は目を見張った。

 死人が出たことも大問題だが、問題はそれが見つかった場所だ。旧臣楼は上田城本丸から見て、北東方向――三の丸の一画にある。塀に囲まれた武家屋敷で、幸村の父――真田昌幸さなだまさゆきの隠居に伴い、彼に仕えた家臣団が集団生活を送っている。ここがややこしいところなのだが、彼らはもともと東方四神国とうほうしじんこく黄帝こうてい徳川とくがわ家の家臣であった。ちなみに、旧臣楼とは「名称がなければ不便だ」という理由でつけられた通称であり、正式名称ではない。ともかく、以上の経緯から旧臣楼は才蔵にとって目の上のでしかなく、できることなら関わり合いたくはない、主君を関わらせたくもない存在だ。しかし、主君にとっては無下するわけにもいかないのである。

「同行していた配下の話では、死体はあまり血も出ておらず、急所を一発なんだそうだ。そのことから、下手人は人斬りではなく暗殺に長けた人間だろうと」

 望月が言うならそうなのだろう。彼の見立てだ。間違いはない。だが――、

「そもそも、佐助がそれに関係しているかどうかはわかりませんよ?」

 それで佐助が『おかしい』と判断するのは、あまりにも早急すぎるのではないか。

「……わかってる」

「でしたら――」

「だが万にひとつ、可能性がないわけじゃないだろう」

 これがもし、外様とざまの忍の仕業であってくれれば、主君がこうも気を揉むことなどない。


 だが断言できる。残念ながら、それはない。


 この東方四神国において忍は〝四神〟と〝黄帝〟を冠す領主または武家に属することが義務づけられ、完全に組織化している。島の中央に位置する中央四神国ちゅうおうしじんこくは忍を使うことを禁じられているため、見ることはない。西に位置する西方四神国せいほうしじんこくでは、ごく稀に『はぐれ忍』が存在するが、国外に出てまでの仕事は珍しい。となると、忍以外で考えられる可能性は――。

「――鍼師はりしのような、人体にくわしい人間の仕業という可能性はないのですか?」

「才蔵」

 主君がちょっと困ったような笑みを浮かべる。

「……失礼しました」

 主君の心を少しでも軽くしようと思ってのことだったが、余計なお世話であった。自分ならばともかく、彼のような陽気な気性の持ち主が、このような暗い考えに至れば世も末だ。ともあれ、佐助に対する疑いが晴れたわけではない。

「幸村さま。ひとまず佐助のことは後回しにして、旧臣楼周辺で起きた浪人殺しの件に着手いたしましょう」

 いずれにせよ、この本丸に旧臣楼の者が訪ねてくるのは時間の問題であり、放っておけば、やがて城下町にも被害が及ぶかもしれない。起こった事柄を解決することが最優先だ。

 うん、と幸村がうなずく。

「そうだな、そうしよう。根津ねづ由利ゆりに聞き込みするよう頼んでくれ」

「御意」

 幸村の決定を才蔵は了解する。

「もう戻っていいぞ。……すまなかったな、面倒をかけて」

「いいえ。では失礼いたします」

 才蔵は頭を下げ、退室した。


(まったく、あの人は……しょうがないですね)


 才蔵はひと息つき、頭を切り替える。

 とにかく今は、主君の心を少しでも軽くするのが先決だ。

 さっさと、浪人殺しの件を片づけよう。

 佐助と浪人殺しが無関係であるとわかれば、主君は心の底から安心できるだろうから。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます