さよなら僕の抱き枕カバー先輩

作者 藤原マキシ

42

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

すさまじいパワーワードでした……。
作者様のいい意味でクレイジーな思考がしっかり青春物語の形に落とし込まれており、しかもちょっといい話にまとめられているのが凄い。

無駄に博識な雑学なんかも含めて、その変態的手腕に諸手で拍手を送りたいと思います。

だれかー! おまわりさーん!!

★★★ Excellent!!!

いや、はっきり言って意味なんてないです。このお話。
ただひたすら力技で笑わせてきます。
抱きまくらカバーという単語が無数に飛び交う謎の会話空間。
この理不尽さにあなたは耐えられますか?
ここは無駄な抵抗はやめて、大人しく降参して笑っておくのがいいと思います。

★★★ Excellent!!!

僕の憧れている先輩が抱き枕カバーになってしまった!
何を言っているかわからないと思いますが、私も何を読んだのかまだ正直わかってません……。

でも、面白かった。それだけは言えます。
小説ってこういうのだよ。こういうことができるんだよ。すごい。文章の力って偉大ですよね。